ここから本文です

なぜ人間は自分より優れてる人に嫉妬するのでしょう? 嫉妬して、負けないように...

egh********さん

2011/2/1416:24:29

なぜ人間は自分より優れてる人に嫉妬するのでしょう?
嫉妬して、負けないようにがんばるならいいですが
いじめたりする人もいて最低だと思いました。

閲覧数:
3,387
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sal********さん

編集あり2011/2/1418:17:03

ここは学問カテなので♪

■生物としての人間

貴方が考えているようなことは精神論に過ぎません。人間は、理性的な生き物であるかのように見えて、実は、単なる動物に過ぎません。この部分は、生物学や神経科学といった領域の発展によって、人間観が大きく修正されつつある部分なのでご注意くださいませ♪生物としての人間像を理解することで、もっと違った見方ができるようになると思います。

■生物と情動

私達は、何かを体験したとき、情動が動きます。この情動に対して「理屈」が生まれるときには、「どうあるべきなのか」と「実際にはどうなのか」の区別ができなくなってしまいます。かつて神経科学が未発達の頃には、理性からみた「あるべき姿」が強調されていましたが、どうやら私達の脳の仕組みが明確になっていくにつれて、そんなことを言っても私たちの脳は、もっと別の働きをしていることがわかってきているのです。

私達には、理性があるので「どうあるべきか」を考えることができます。貴方が「負けないように頑張る」と言っているのは理性的に構築された世界観に過ぎませんが、実際に貴方が、常にそう対処できるとおっしゃるのであれば、それは虚言に過ぎません。貴方が意識でどう考えようが、実際に脳のなかでの働きは、もっと別の作用を起しています。

■嫉妬

生物学的に見れば、自分より優れている人に対して嫉妬するのは、生物の理に適っています。もともと生物とは、遺伝子を複製していくことに対して忠実たらんと設計されているのが「基本」であるために、とても利己的に作られています。遺伝子を複製するために邪魔になるものは「すべて敵」というわけです。

男性の精子の90%以上は、他の精子を殺すために存在しています。どうしてそんなメカニズムが精子に必要なのでしょうか?。このようなメカニズムを実際に必要としているチンパンジーなどがいますが、そうした部類の動物のメスは、生殖期に乱交して膣内で精子を戦わせ、最強の精子を結びつこうとします。このような生物としての基本メカニズムを持っているということを、人間は、隠そうとしてきたと言えるかもしれませんし、それが「文明」の一部だといえるかもしれませんが、基本は基本です♪

人間という生物は、生物に見られる利己性の上に、利他性を作り上げてきた動物でありますが、生物の生存や生殖に関わることになればなるほど、その利己性が表に出てきます。人間は、他人のことに対しては、客観的で筋の通ったアドバイスができるものですが、その人の生存や生殖に関わることになればなるほど、結局、言っていたこととやっていることが異なるのは、日常的に見られる人間模様です。

本来の生物としての人間は、とても利己的な生物であり、そのように脳も作られています。よって、自分の利己性、つまり生存や生殖に「不利に働く」ときに、強い情動反応を示し、「道義的を言っているように見えて、ただ自分の情動を正当化しているだけ」に見えたりすることが多いものです。自分が「不利」になったときに、基本的に生じるメカニズムは、防衛反応であり、その反応の1つの有り様として「嫉妬」があると考えれば、とてもスムーズに解釈できるかと思います。

■防衛反応

動物が、生存に関わる危機に直面すると、「逃げる・闘う・硬直する」といった反応を示します。こうした情動反応は、脳の産物ですが、こうした構造は、人間の脳にもしっかりと見られます。嫉妬は、その人の防衛反応であり、そうやって自己保存をしようとしている「動物的な反応」とも言えます。こうした反応が無いほうが、むしろ不自然だと考えられますし、理性的だと「思い込んでいる人たち」は、こうした情動反応があるにも関わらず、それを「否認」することが多いものです。

こうした「否認」のメカニズムに対して多く見られるのは、「嫉妬したり、いじめたりするのが最低だ!」と感じる貴方のような反応です。生物としては、むしろ自然なことでありながら、社会的には否定しておきたいもの、そういった部分に人間独特の「葛藤」が生じるわけですが、「あるべき姿」ではなく「実際にどうあるのか」ということを知らないと、物事を見誤ることになり、また貴方自身が、「言っていることとやっていることが違う人間」を演じることになるでしょう。

■結論

現代生物学や神経科学は、とてもリアルな人間像を浮き彫りにしつつあります。貴方のような解釈は、もう古すぎます♪。ぜひ学習されてみるとよいかと思います。一番よい解釈は、貴方が「否定したい像」を、きちんと貴方自身も持っているのだということを認めていくことです。そして、精神的な改善をするよりも、むしろ「環境を構築する」ことのほうが、はるかに人間に対して抑制力を持つのだということを理解し、現実的に環境を構築することだと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kou********さん

2011/2/1505:51:32

明らかに優れている相手に対しては嫉妬はしません。

自分と同レベルで、自分が勝てるのでは、と感じる相手に対してです。

何故嫉妬するのかは、同レベルなのに自分より恵まれていたりすると、その人がいることで感じなくて良かったはずの不幸の感じるからでは。

mop********さん

2011/2/1421:14:15

人間だって動物ですから、すぐれたものしか生き残れず、また子孫も残せません。人は理性的な生き物であるのは確かですが心の奥ではこのことを理解し、それに潜在的には恐れているのかもしれませんね。

たとえば、恋人選びひとつをとってみても
背が高い、頭がいいなど人によって基準は違いますが、自らが好ましいと判断した形質をもつ人に惹かれますよね。これはより良い子孫を残すための選択です。

そう思うとよくテレビのドキュメンタリーで放送される繁殖期の動物の戦いも
あるいは自分より優れたものが先にパートナーに近づくのを恐れた足の引っ張り合いに見えませんか?

まあしかし、劣ったものが優れたものの足を引っ張って生きながらえても人類全体にとって良いことはありませんから、自分より優れた人がいたら潔く諦めるか、それが嫌なら自ら努力して追いつくべきでしょう。

kam********さん

2011/2/1416:40:43

心が弱いからではないでしょうか。
人間誰しも、自分が傷つくことは嫌なものです。他人より劣っていたりしたら、そこ(弱点)を隠そうとして、虐めたり、威張ったりするのでは…。まぁ、お子ちゃまってことですかね。

本来は人間傷ついて強くなるものだと思いますよ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる