ここから本文です

北原白秋の「昼ながら幽かに光る蛍一つ孟宗の薮を出でて消えたり」という歌の訳を...

s_h********さん

2011/2/2120:21:58

北原白秋の「昼ながら幽かに光る蛍一つ孟宗の薮を出でて消えたり」という歌の訳を教えてください

閲覧数:
14,078
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fff********さん

2011/2/2121:01:32

【大意】
昼なのに幽(かす)かに光る蛍が一匹、孟宗竹(もうそうちく)の竹やぶを出て消えてた。

状況を解釈してみます

昼の明るい陽光の中、孟宗竹の竹藪は鬱蒼(うっそう)と暗かった。その暗がりを眺めていると、かすかに光る小さな点が一つ動いている。なんと蛍が飛んでいるのだ。昼間に蛍が見えるなんて…。思わず目で追っていくと、その蛍は竹藪の暗がりから、昼間の光の中に出て、まるで消えたように見えなくなってしまった。

「昼ながら幽かに光る」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる