ここから本文です

数学が自然科学に分類されていることに少し違和感を感じます。

l1a********さん

2011/2/2412:23:17

数学が自然科学に分類されていることに少し違和感を感じます。

ふと思ったことなのですが、
自然科学があらゆる自然現象を解明する学問だとすれば、数学は直接的には自然現象に関わってませんよね。

確かに数学は他の自然科学の基礎になっていますが、これでは物理や化学でツールとして数学を使っているだけであって自然現象との関係は間接的だと思います。

間接的な関わりでも自然科学と認めるなら例えば経済学などでも数学をツールとしてよく使うので自然科学に分類する必然性はない気がします。

個人的に数学は数という概念で量、図形、変化、空間などを数字や記号で表すという点で言語的な要素が強く、どちらかというと人文科学に分類した方がしっくりくるのですが、どう思いますか?

僕自身はまだ大学に通っておらず科学に対して無知なので、全く見当はずれなことを言っていたならごめんなさい。

閲覧数:
5,063
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

2011/2/2520:37:35

そうですね。

数学の黎明期は、科学のように自然現象や日常に即したものから研究されていたため、また天文学や宗教にも絡んでいたため、どうしても「そちら側」に傾倒した学問と見なされてきました。

翻って現代数学は、公理や定義、また演繹論理による体系が確立され(これは演繹的論理学のひとつです)、つまり、「前提を認めるならば、結論もまた必然的に認めざるを得ないこと」、簡単に言えば「抽象から具体へ」の学問へと変化しました。

対して科学は、個々の実験や研究・観察などから、一定の法則を見出す学問で、これは「帰納的論理学」と言い、簡単に言えば「具体から抽象へ」の学問です。

何れも大局的に見れば「推論」のひとつですが、推論的論理学は、その構成から、それまで定説だと思われていた法則が、後の研究・実験などによって覆される可能性があります。「天動説とお地動説」は良い例ですね。
逆に、演繹的論理学は、その工程に矛盾さえなければ、覆しようもありません。
寧ろ、演繹的であるかぎり、その命題が「真か偽か」がはっきりしています(「予想」は除く)。

こういった背景において、数学と他の自然科学は全く異なる学問であると言えます。

しかし、全く独立しているわけでもなく、個々の学問による発見が、別の学問に貢献するケースも多々あります。
また、数学による数体系は、科学などでの計算等々における骨子にもなっています。
つまり、数学はやはり自然科学との繋がりが強いので、自然科学に分類されて然るべきだと、僕は思います。

ひとそれぞれ、いろんな捉え方があると思います。
これからいろいろ学んでいただいて、自身の中で納得するのが最良だと思います。

質問した人からのコメント

2011/2/27 21:48:41

降参 多くの回答ありがとうございます。
自分でも調べてみましたがよく議論される問題なようですね。もっと勉強して自分なりの結論に至りたいと思います。

僕が一番納得した回答をしてくださったthetheorierさんの回答をBAにします。
みなさん回答ありがとうございました。色々な意見を聞けて面白かったです。質問して良かったと思いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oka********さん

2011/2/2414:09:11

数学は、「自然科学」ではないし、「哲学」でもありません。

たしかに、数学の定理は、「自然科学」で利用されますが、自然を対象にしていません。

また、数学の概念は、「哲学」の影響を受けていますが、あくまで仮定を証明することによって発展してきた、科学です。

だから、数学は、論理学と同じく、人文科学・社会科学・自然科学に共通な、「基礎科学」だとおもいます。

wha********さん

編集あり2011/2/2413:40:20

自然科学で良いのではないでしょうか。
科学は、物理現象と数学の理論というか、定理に基づいたものが合体しているものではないでしょうか。

勿論、現実離れした公理を設け、そこから導ける定理を追求する数学もありますが、
このような立場に立つと、役に立たない数学、遊びみたいなものになります。

数学と物理は互いに助け合って発展してきた代物です。
この世を反映している事実の関係を述べているものです。

学と付くからには、現象のみでなく、どうしてかという理由付けを必要とします。
数学は非常に正確な理由付けをします。

化学、物理、経済学、統計学、等々の共通部分を独立させたのが数学です。
経済学、統計学にしても、自然がプンプンします。
だから、だから、自然科学です。

dis********さん

2011/2/2412:55:36

そりゃそうだ。哲学に近いと思うよ。デカルトからバートランド・ラッセルまで伝統的に数学者/哲学者って兼業してる人多いしね。

pis********さん

2011/2/2412:54:57

まぁ、そうですね。
ふつう、数学はサイエンスには入れません。

ここのカテも「数学、サイエンス」と区別して書いてあります。

sli********さん

2011/2/2412:45:05

ごもっともな疑問です。
正直僕も人文・社会・自然のうちどこかと言われると困ります。
使おうと思えばどこにでもどうとでも使えますし、
自然とも人文とも社会ともとれないようなこともありますので。

一応、一般的には自然科学”系”と呼ばれますね。
もしくは形式科学と呼びます、僕はこちらがしっくり来ると思っています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる