ここから本文です

<囲碁>ヒカルの碁に出てきますが、「最善の一手」と「最強の一手」の違いは? ...

tei********さん

2011/3/607:32:09

<囲碁>ヒカルの碁に出てきますが、「最善の一手」と「最強の一手」の違いは?
また、そのどちらでもないとは、つまり緩着?それとも、そっぽの一手?

補足ヒカルが打った一手を、塔矢アキラが「最善の手でもない、最強の手でもない・・・」とつぶやくのですけど・・・。

閲覧数:
3,706
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sae********さん

編集あり2011/3/622:52:03

最善の手とは盤上で一番価値のある手のことです

お互いに最善の手を打ち合うのが理想です

しかし囲碁の局面の数は膨大でとても読みきれるものではないので

「最善の手」だと思われる手をお互いに打ち合うのが一般的です

最強の手とは最善の手よりも大きな成果をあげるために打つ

読みきるのが一番難しい手のことです

最強の手は相手に読みきられて正しく応じられれば最善の手より少ない成果しかあげられませんが

相手がよみきれず対応を誤れば最善の手よりも大きな成果があげられます

例えば自分が劣勢の時には最善の手ではなく最強の手を打ち

局面を紛れさせて劣勢を挽回しようとすることがよくありますし

詰碁の後手番は最強の応手をするのが一般的です


トウヤ アキラが言った「どちらでもない手」とは「緩着」に分類されるのではないかと思います

サイはその手に対してトウヤがどう対応するのかを見て実力を見定めようというわけでしょう

たとえトウヤが正しく応じて少し得をしたとしてもいつでも挽回できると考えているからこそ打てる手だということです

トウヤ アキラはその意図を感じ取り

「はるかなる高みから~」

と相手の実力を推量したというわけです

質問した人からのコメント

2011/3/8 17:51:11

驚く やはり緩着の部類に入りますか。よかった。
元ネタは本因坊秀策と本因坊秀和の打ち碁だそうですが、問題の一着は秀策の一手。秀策にして然り。ましてや素人の当方、緩着、そっぽ手、なんぞ恥じることあらんや。嬉しくなりました。ご回答いただいた皆様、有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dry********さん

2011/3/704:50:31

それは、神の手です。(笑)

ヒカルの碁は、かなり演出されていますので、実際の
対局とは少し違いますが、

最善の一手は、色々検討した上での最善手。
最強の一手は、その場面で一番厳しい手。
だと思います。

プロでも、時々緩着やそっぽもありますので、私達の
碁は緩着・そっぽ以外に、無謀な手・自殺行為や利
敵行為のオンパレードですよ。(笑)

sui********さん

編集あり2011/3/613:58:09

ヒカルの碁は読んでいませんが・・・以下独断です。

「最善の一手」
勝利にもっとも近づく一手。
優勢な局面では多少損でもマギレの少ない手が、不利な局面でも無理な勝負をせずに形勢を改善していくのが「最善の一手」。
初心者にとってはツケノビ定石は最善に近いのかもしれません。

「最強の一手」
理論的に最も(目数で)多く勝つことができる手。
20目以上勝っている局面で、しかも時間がないときであろうとも、正しく打てば大石が取れるのであれば取りに行くのが「最強の一手」。
最後まで正確に打ち切れないアマチュアにとっては、ときには敗着の原因にもなります。

「どちらでもない手」
よほどの悪手でない限り、着手には何らかの意味があります。100点満点の着手を続けることはプロでも不可能。緩手やソッポと思わないで、「普通の手」と考えましょうよ。

「最善の手でもない、最強の手でもない」ヒカルの手
少し不利な局面で、相手のミスが起きやすい局面に誘導するような手、ですかね?

ls0********さん

2011/3/611:48:17

最善の一手は局面で働く効率が一番高い着手のことです。布石問題での選択などが例です。失敗になることは余りありません。最強の手は上手くいけば凄く良い成果ですが、応手により失敗すると反動が厳しい場合があります。キリチガイでどう伸びるなどが例です。どちらでもなければ緩着、とはなりません。そうでないと私などオールソフトです。

son********さん

2011/3/610:54:10

最善の一手は盤面全体との調和がとれていて後の進行を考えた上で最もいい結果がもたらされる手で、いい結果がもたらされると「思われる手」とは違うので理屈の上では存在してもほとんどの場面で発見するのは不可能と思われます。
一方最強の一手についてですが、これは部分的な戦闘において攻撃的な立場に立ったときに一番相手に厳しい手ではないかと思います。
一番厳しいの解釈にも石が死ぬこと、殺すことよりもあえて活かして相手をジリ貧にさせるなど様々だと思いますが、先ほど述べた最強手の私の考える定義もカラミ攻めやモタレ攻のことを考えると一概に言えない部分もあり、最強手も盤全体を見て考える必要性も出てくることを考えると、最強の一手は攻撃的な面のみを考えた場合には最善かもしれないが必ずしも理想的な結果をもたらすとは限らないという点で最善の一手と異なるのではないでしょうか。

tou********さん

2011/3/607:40:14

最強の一手は勝っているときで
最善の一手は負けているとき挽回するときのこと
間違ってたらすみません

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる