ここから本文です

HAARPとよばれるものの存在の事についての質問です

fon********さん

2011/3/1320:12:36

HAARPとよばれるものの存在の事についての質問です

・HAARPとはそもそも何なのでしょうか?
ロシアの軍事専門誌では、HAARPは超強力なビームを生成する究極の地球物理学兵器であるという記事が書かれている
とwikiに書かれていましたが、正直信じられないので色々調べてみた結果
「高周波を照射して電離層に熱を発生させる装置」とも書かれていました。それに、地震台風を発生させることが可能だとか?
あとはマインドコントロールがどうこう…

・ユダヤ資本家が人口を10億人まで減少させる。中東やアフリカ大陸の人間が犠牲になり、他の国からも大量の死者が出る
全ての国に核を持たせ、一国でも撃てば大変なことになるという事からどの国も戦争をしなくなり、平和?を作る。
なんてのは本当でしょうか?
信じられないのですがアメリカではデモが起こったとか起こってないとか…
中東などを選択した理由としては、粉砕覚悟で売ってくる可能性があるから、だそうです

答えてほしい質問としては
1、HAARPとは何か?
2、ユダヤ資本家が人口を減らすためにいろいろなことをするというのは本当でしょうか?

下らないことかもしれませんがどうも気になってしまっています
どうかよろしくお願いいたします

補足HAARPについての補足です
地震兵器敏江のHAARPが存在する、またはしないとされる方、具体的な根拠をお願いします。
地震を起こすためのHAARPの「それ」を教えてください
電磁波でどうやって地震が起こるのですか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
5,762
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hid********さん

編集あり2011/3/2002:17:54

紙幅の都合上、1)だけの説明となります。

HAARPとは、High-frequency Active Auroral Research Program(高周波活性オーロラ調査プログラム)の略。
この名目で、APTI社の「民間プロジェクト」となってますが、管理しているのは“アメリカ海軍と空軍との合同委員会”で、その予算は“国防予算”から出ています。

HAARPでは、大気(圏)の上部にある「電離層」に、「電離層研究装置」と呼ばれるアンテナ装置(IRI)で、高周波電磁波エネルギーを送り、“電離層に熱を発生”させます。
その熱の発生の原理は、「電子レンジの加熱原理」と同じで、マイクロ波が、水素分子同士を振動摩擦させることで、熱を発生させます。具体的には、電離層内に流れる高層電流である「エレクトロジェット」が、まるで電線の役目を為すために、アンテナから飛ばされた電流が電離層に伝わり、加熱されます。
(ちなみに「オーロラ」と「電離層」とが関係するのは、オーロラは、電離層で起こる現象だからです)
さらに注目すべき点として、「電離層は、電波を反射する」という性質があります。この性質は、無線通信に利用されています。

「HAARPとは、(故)バーナード・J・イーストランド博士が発明し、アメリカ国防省など軍隊の支援を受けて、APTI社が特許技術を持ち、アラスカにある施設で行われているプロジェクトの事」と定義しておきます。

その根拠は、電離層を加熱して、オーロラの生成を研究すべく、電離層に対する科学的観測をする研究施設は、プエルトリコのアレシボ、ノルウェーのトロムソ、ロシアのモスクワ、ウクライナのカラコフほか、数々ありますが、APTI社が携わる「HAARP技術」だけが、独自の方法で集中させた高周波エネルギーを、電離層に向けて照射して、分子がバラバラになる数千度にまで加熱させて、様々な影響をもたらす事ができるからです。

その”影響”の一つを、紹介します。

カナダのトロントの公衆衛生問題国際研究所所長であるロザリー・バーテル博士による著書『戦争は如何に地球を破壊するか――最新兵器と生命の惑星』の中に、次のような記述があります。
[ ( )、””付記は、引用者]

「 HAARPのような電離層ヒーターは、極超長波(ELF:extremely low frequency)を引き起こし、その極超長波は”電離層で反射される”形で、地上に跳ね返ってくる。この極超長波を、深層地中断層撮影法という方法で、大地を貫通するように、向けることが可能である(引用者註――この極超長波は、性質として、大地や水中を通り抜ける。そのため現在では、鉱山での通信の他、潜水艦との交信にも利用されています――)。・・・

この極超長波は確かに、火山や構造プレートを揺るがす能力を有しており、さらに気象にも影響をもたらす事ができる。たとえば地震は、電離層と相互作用することが、知られている。・・・
深層地中探査(技術)は、自然作用のプロセスをコントロールし、操作しようとする軍の目的にとって、不可欠な一部であるように思われる。

(電離層などを操作することで)珍しい気象をつくりだす事のできる極超長波の可能性が、(我々に)恐怖心を起こさせる一方で、さらにまた、(HAARPによる)ELF生成および(生成されたELFの地中への)伝達の際に見受けられる、大地と電離層との間の相互作用が、より直接的な気象効果を誘発する可能性があることも、明らかとなっている。」

ちなみに、このバーテル博士は、ライト・ライブリフッド賞、世界連邦運動平和賞、国連環境計画グローバル賞を受賞している方ですので、「トンデモ科学者」ではありません。

「極超長波(ELF)」と「地震」との関連性について、補足しておきます。

エリザベス・A・ラウシャー博士(核物理、天体物理)と、ウィリアム・バイズ博士(電気工学)との両博士が、1992年6月中旬に、「極超長波(ELF)が、地震の発生にともない、自然に起こる可能性があり、つまり、極超長波(ELF)が観測された時には、そこに地震が発生する可能性が高い」ことを、報告しています。

だとすれば、地震と相互作用を持つ電離層を加熱して発生させた適切な「極超長波(ELF)」を、電離層から反射する形で、“起こしたい場所の地中に目がけて、地震を人工的に発生させる”可能性が、理論的に考えられます。

では現実には・・・

HAARPの生みの親は、自身も公言していた物理学者バーナード・J・イーストランド博士(1937-2007)です。
同博士が1985年1月10日に申請し、1987年8月11日に発行された「地球の大気圏、電離層、および磁気圏に変化をもたらす方法と装置」(合衆国特許:第4686605号)をもって、HAARPは誕生したのです。

以下のアラスカ大学HAARP施設の、3月11日の電磁波グラフを見てみてください。
http://137.229.36.30/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

質問した人からのコメント

2011/3/20 13:13:07

降参 全てのご回答が役に立ったのでどれもBAを差し上げたかったのですが、
一番知りたかった内容を的確に教えてくださった方がhidakinomitamasizumeさん
だったのでこの方をBAに選ばせていただきました
みなさん、有り難うございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rio********さん

2011/3/1821:23:51

地震が起きた地域の不自然な空のどす黒い雲を見ませんでしたか。地震が起きた地域の人しか見ていませんが、私は発生当時東京にてマンションのベランダで仕事をしていて、急に空の様子がおかしくなって、数分後に起こりました。被災地域では同じ様な象が多数確認されているようです。

dok********さん

編集あり2011/3/1609:46:57

UFO、宇宙人事件=プラズマ銃を使ったキャトルミューティレーションを宇宙人のせいとして処理(牛の頭に穴が空いて血が一滴も無い=プラズマ銃による体液の蒸発)
エリア51の発光物体=ワンピースのエースが使う大炎塊みたいな形状のものはUFOではなくプラズマ兵器の実験です

1 HAARPとは=表向きはオーロラの調査が目的。実際はプラズマを主とした気象地震兵器です。
2 イルミナティ=ユダヤの悪魔教。旧約聖書の筋書きをそのまま演出しようとしているらしいですが詳しくは分かりません。フリーメイスンが有名ですが彼らは手先に過ぎないと言われています。マンガ「鋼の錬金術師」はイルミナティの活動をモチーフに作っていると思います。だから深いんですね。

根拠としては=四川大地震2008 5月21日 2+8+5+2+1=18 18=6+6+6=666(フリーメイスンでお馴染みのヤツですね) 今回の地震も 2011 3月11日 仮に2+11+3+1+1とすれば18ですね。インドネシアがマラッカ海峡へのアメリカ軍の駐留を断るとスマトラ島沖地震。ミャンマーの洪水。ハイチの大地震などがありますがいつも都合よく救援物資を積んだアメリカ艦隊が……。

メキシコ湾の原油流出の際には石油漏れ修繕会社の買収などを行っていると言われています。原発関連の株が地震前に大量に売られているとしたら、それは怪しいと思います。暴落したあとにだだ同然の株を買い、結局原子力に頼るしかないとなって株価が上がった時に売る、というシナリオでしょうか。【TPP】もにらんでいると思います。

基本、証拠なしに無言の圧力がかけられる凄い兵器な訳です。
災害起こして恩を売る……これ従うしかないですよね。

HAARPのシステム=それほど難しいものではないようです。物質にはそれぞれ固有の共鳴振動がありそれに合わせてプラズマを調整し共鳴させる……うまく言えませんが音声でガラスを割るとか、ギターのフィードバックみたいなものです。岩盤の共鳴振動にプラズマの振動を合わせたと言えます。大量に電気を使うらしいのでアメリカで大規模な停電などがあったら怪しいと思って下さい。新潟や静岡側でも大きな地震が起こっています。プレートが違うのにそんなに連動すると思いますか?

ただ今は被災地と原発の危機を回避することが大切です。
妙な風評を立てずに落ち着いて行動しましょう。
一段落したら意識しなければいけない問題だと思います。
日本以外ではもっと頻繁に出てくるワードだと思いますよ。

pon********さん

2011/3/1605:40:02

HAARPとは電磁波による地震を誘発させる兵器のようです。
否定派はそのような強力な電磁波を作るには強力なエネルギーが必要なのでありえないと言います。実は2000年台になってアメリカでは慢性的な電力不足に悩むようになりました。
政府は人口増加が原因だと釈明しましたが、本当にそうでしょうか

すでに小型の電磁波兵器は実戦投入されています。戦車に照射すると中の人間だけを焼き殺せるというものです、
物質には周波数があり、それに合わせた周波数を照射する事で特定の物質のみに熱を持たす事ができるらしいのです。
これの巨大版がHAARPという事らしいです。焼き溶かすものは岩盤、目的は地震、電離層に反射させて世界中どこでも狙えるらしいです。

今回の地震の目的ですが、おそらくTPPと消費税増税への脅しでしょう。TPPは関税撤廃、貿易自由化と思われがちですが、実は労働者の移住規制も撤廃されるのです。そうなると円高の日本へ海外の労働者が押し寄せるでしょう、彼らは日本人の半分の賃金で喜んで働きます。不況のさなか経営者も安い労働力を求めます。日本人は職を奪われるでしょう、
さらに彼らはもらった賃金のほとんどを国に送金します。日本の内需はガタガタになります。税収も落ち国の借金は膨らみ、さらなる消費税増税が追い討ちをかけます。ついに日本経済は破綻します。ですがそれこそが奴らの狙いなのです。奴らとはそうユダヤ資本家です。ユダヤの資本家達は子飼いのヘッジファンドを使い日本の資産を丸ごと飲み込むつもりなのです。

ユダヤ資本家が人口を減らそうとしている。世界に流れる噂ですね
ですがあながち冗談とは言ってられないのです。元々ユダヤ人の夢は金融による世界制覇でした。そのために彼らはまずアメリカの中央銀行をその手中におさめます。
現在のFRBですが、実は驚くことにFRBは中央銀行でありながら、株式上場しているまったくの私企業なのです。中央銀行が私企業とはどういう事か分かりますか?刷ったドルがすべてアメリカ国民の借金ということです。
さらにその利息は連邦所得税という形で徴収されてそっくりそのまま株主の懐に入る仕組みです。まったくの違法行為です。
そして株主とは、ユダヤ資本家達なのです。この仕組みに気付いて表明しようとしたレーガン大統領は暗殺されそうになりました
ですが、別に驚く事ではありません、なぜなら造幣権をユダヤ資本家から奪った大統領、リンカーン大統領とケネディ大統領は、政府紙幣を流通させた瞬間に暗殺されたからです。そして暗殺された直後に政府紙幣は回収され、再び造幣権はユダヤ資本家たちの手に戻りました。

過去から現在にいたりユダヤ資本家達の力は絶大なものになっています。
彼らは複合体であり、政治家、軍人、科学者、企業家、マスコミ、司祭までをもが彼らの仲間なのです。
ですがそんな強大な彼らに、近年、ネットという最大の敵が現れました。今までマスコミを使って隠蔽してきた情報がネットによってすべて筒抜けになったのです
アメリカでは大統領候補ロンポール氏がFRB解体をかかげて、ネットを中心に30パーセントの支持率を得ています。
彼らは初めて追い詰められ、あわて恐怖しているのです。その恐怖が狂気になり、具現化したものが、エリートのみによる世界統一国家思想であり、そのための人口削減政策というふれこみなのです。
ですが実はこれは嘘なのです。彼らは国民のすべてが反旗をひるがえし、自分達に向かってくる事を恐れたがゆえの人口削減策なのです。

ケムトレイルをご存知でしょうか?
世界中で飛行機から何かがまかれています。日本でも撒かれています。消えない飛行機雲、日本以外の各国ではすでに問題になり国会でも討論となりました。
ドイツ軍がついに認めて、アルミとバリウムを撒いたことを認めました。もちろん温暖化のためという釈明をつけてですが、人に有害かどうかはまだ調査中とのこと、ですが、おかしなことに、これを国関係の環境学者達は一節知らなかったのです。つまり、政府ー国ー軍で行ったのではなく、政府ー私企業ー軍で行われたのです。さらに大気圏まで上げるはずの化学物質撒布の多くが低空で行われているのです。
あなたはこれを信じられますか?

噂では世界統一国家構想があり、人口削減のためらしいです。
(ですが本当はユダヤ資本家達の狂気であり、恐怖を振り払うために自分達の力を鼓舞しているのです)
本当に撒かれたものはインフルエンザのウイルスで、マスコミを通じてパンデミックパニックを起こし、製薬会社に作らせた生殖能力を消失させる毒を混入させたワクチンを国民に接種させるというものです。
本当なら正気の沙汰とは思えません。
ですが不思議に思った事はないですか?ワクチン接種、子供は2回、妊婦優先、、大人が二回なら分かりますが、以前ならワクチン接種等は妊婦は外されていたはずです。

and********さん

2011/3/1602:43:43

ベトナム戦争の発端であるトンキンワン事件
JFKが止めたノースウッズ作戦
アイゼンハワー大統領の退任演説
ローマ法王ヨハネパウロ一世の暗殺事件
このあたりは歴史的事実として陰謀が明らかになった出来事です。
陰謀は明らかになると事実になり歴史になります。
全ての歴史は陰謀で渦巻いています。明らかになったために陰謀ではなくなっただけなのです。

HAARPについてはここで聞くより自分で検索して自分で判断してください。

eku********さん

2011/3/1520:00:38

その可能性も否定できませんね。

HAARPはDARPA(アメリカ国防総省)と米海、空軍、アラスカ大学が開発した高周波活性プログラムと表向きには公開されています。

しかし、観測が目的ではなくプリズムを発生させて、それを電離層という大気圏にある層に反射させ、プレートに振動を加えて地震を

誘発したのではと憶測ですが言われています。

また、発生させる周波によっては人間の脳細胞を壊したり、天気を自由に操ることができるともいわれています。

しかし、これはああくまで憶測であり国防総省のトップシークレットなのでおおやけにされるはずがありません。

ロシアなども研究に着手しています。冷戦締結条約で地震兵器は造らないと決めたのですが

「約束は利益があるときのみ有効だ。」とヒトラーが言ったように守るはずはないでしょう。

ウィキリークスのアサンジさんはhaarpn関係の情報を暴露しようとしてたみたいですし

結果パクられましたけど


今回の地震がもし人為的なものだとするならなぜ日本が狙われたのか?

いろいろな考えがありますがおそらく「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に入って関税をなくせ。」

というアメリカの要求に日本が応じなかったからでしょう。

チリ、Nzに共通する点もこれですね。

一部では親米派の前原を辞めさしたからだとか、小沢をつぶすためだとか言われてますがそんなちっちゃなことで動くアメリカではない

とおもいます。

関税撤廃の裏には穀物メジャー(世界中の穀物の流通を支配する企業)、その裏には陰謀の裏には必ず出てくるロスチャイルド家

もいるでしょう。

ロスチャイルドは世界の金融王で、アメリカの石油王ロックフェラーなどと共にイルミナティと呼ばれる秘密結社をつくり

世界征服を本気で企んでいます。



私の考えですが、一番怖いのは無知と無関心です。

また、疑いの目を向けないと何も信用できません

(この話も含め)陰謀は信憑性のないことばかりですから



長文すいません

日本語力に乏しい高校生なのでおかしいところが多々あると思います

.

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる