ここから本文です

裏千家お茶のお運びの時の古帛紗の扱い方教えてください

pon********さん

2011/3/1601:02:04

裏千家お茶のお運びの時の古帛紗の扱い方教えてください

閲覧数:
28,701
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cos********さん

2011/3/1613:45:58

左掌に乗せ広げます。わさは右になります。
茶碗を自分の方を正面に乗せ右手で横から支えます。
客の前に座り、茶碗の正面を客に向け客の前に置きます。古帛紗を左手右から左へ畳み懐中し一膝下がり一礼。
後は客正面を一膝よけ立ち上がり帰ります。

古帛紗をいつ懐中するかは、若干違いがあり、立礼の時は右手で持たせたまま一礼し懐中したりします。
畳の場合、下座に仮置きし一礼懐中する場合も。
スマートなのは下座に仮置きすると懐中する際にバタバタしません。
仮置きしたまま客に礼をするのは如何なものか?と私は出来るだけ懐中した後一礼するようにしています。

お運びの場合になりますので臨機応変のようです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

che********さん

2011/3/2010:33:16

懐中から取り出したら“わさ”(輪)を右にして掌に載せます。
右手で左から右に広げて、茶碗の正面を自分の方に向けて古帛紗(掌)の中央に載せて、右手で茶碗を押さえてお客様の前へ座ります。
古帛紗の上で茶碗の正面を直して、そのままお客様の正面に出します。
茶碗を出したその手で古帛紗の右を持って左へたたみ、自分の下座(右側)に仮置きしてから、左、右と膝を引いてから一礼します。この時、「どうぞ、ごゆっくり」ちょっと待たせてしまったら「お待たせして申し訳ございません」と一言添えるのも良いです。

<そのまま水屋へさがる時>
仮置きした古帛紗の“わさ”の方から握って(懐中から取り出した手つきです)から、一膝下座(右)へよけてから左立ちして水屋へさがります。(左足で出ます)

<飲み終わった茶碗があった場合>
空になった茶碗がズラ~っと並んでいるのは、みっともないです。下げるのが早すぎるのも急かすようです考えものですが、なるべく早めに下げるようにしましょう。
仮置きした古帛紗の“わさ”の方から握ってそのまま懐中し、一膝下座(右)へよけてから左立ちして空の茶碗のあるお客様の前に座ります。
「もう一服いかがでございますか?」と尋ねてると「十分頂戴しました」と答えられると思いますので、一礼してから右手で茶碗を取って左手に載せてから右手で押さえてから、一膝下座によけて左立ちして水屋に下がります。(上級者は茶碗を二つ持ってさがりますね。でも、残念なことに、茶碗を重ねてはダメ!高価なんだから!!)
また、「では、もう一服」と所望される方もいますので、こういう場合はもう一服の所望を受けたお運びさんが責任を持って運びましょう!


最後に・・・先生によって指導が違う場合がありますので、先生に聞きましょう!小間の狭い席やお席の混み具合で対応が違う場合がありますからね。
お運びさんの所作がバラバラだと先生が恥ずかしい思いをしますので、先生や社中の先輩に聞いて統一するようにした方が良いでしょう。
・・・なので、ここで回答したものも、私の社中で統一している事例にしかならないとおもいます。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる