ここから本文です

檀家について教えてください

han********さん

2011/3/1712:39:40

檀家について教えてください

京都在住です。
先日父が亡くなりました。
生前に自分でお寺を探し、お墓を建て、戒名までつけてもらってました(生前だとまた違う名称になるそうですが)
葬儀等は無事終わり、今度納骨をすることになっていて、姉妹で打合せにお寺にいってきました。
その時に母と私と姉で水塔婆をあげてください、と名前住所を書き、これであなたちもこのお寺の檀家ですから、と。
私たち姉妹は共に嫁いでいます。
無縁仏にはしないであげてね、と言われ、お参り等は行くつもりですが
檀家になるとはどういうことでしょうか?
お寺を金銭面サポートしていくイメージがあります。
姉妹で長男に嫁いでいて、将来はそちらのお墓を守っていくことになると思うのですが
もし宗派とか違っても関係なく2箇所の檀家になれるのですか?
檀家にならず、行事事にお布施とお参りは可能でしょうか?

閲覧数:
18,713
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

wak********さん

編集あり2011/3/1808:43:30

お父さんが檀家になる手続きをされたようですね。

檀家になる(である)ことは大抵の人は意識していませんが宗教法人のメンバーになる事です。

寺所有の墓地や本堂、庫裏、鐘楼などの伽藍の維持、補修、仏具などの購入の費用と住職とその家族の生活費,併せて本山、総本山の伽藍、数十人の僧侶とその生活費を分担することです。

内訳として
入檀料(脱退する時は離檀料)を支払う
毎年、護持会費(管理料)を支払う
毎年、宗祖の生誕記念日などの法要の布施(寺により省略)

檀家で亡くなると
葬儀の読経と戒名というサービスに対しての布施(料金)
49日、1周期、3回忌と続く周期法要での法事に対する布施(料金)
仏壇、位牌などの性根入れ、性根抜きの読経、儀式というサービスへの布施

数十年に一度本堂新築などでは高額な寄付を求められることがあります。 経験ある知り合いに聞いたところ檀家総代(町の有力者)は500万円、殆どの人は100万円、家庭の事情で難しい人でも30-50万円だったそうです。
以上の金額は住職と檀家の総代を含む役員で決定されます。

2箇所の檀家になれるかどうかは貴女と妹さんの家庭が納得、それぞれの寺の住職と役員が了解すれば可能です。
ただし費用はダブルでかかります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tar********さん

2011/3/1815:26:25

二つの寺院の檀家になることはできません。この場合の檀家とは貴方方姉妹ではなく貴方の実家ということでしょう。
現実的に、寺の住職連中も檀徒と信徒の区別がつかない住職が多いのではないかと思います。
檀家とはその家が代々檀那となる寺です。それは具体的に檀家は布施、寄付、浄財等で寺を養っていくということです。株式会社の株主と例える人もいるが、その対価として仏の教えに導かれ、供養、安心といった自分の心が満みたされるものを得られなければならない。誤解する方が多いが寺を護っていくので僧侶を養うのではない。寺に働く僧侶も面倒をみるということである。

檀那寺入檀離檀の際の手続きは寺によっていい加減で、良心的かつ正式なところもあれば金銭最優先な寺院が目立つ。離檀料金などは今まで世話になったという寄付的な名目が本来で寺側からの強制的なものではない。誤解されないように。

jyo********さん

2011/3/1713:41:46

檀家とは、徳川時代の゛寺請制度゛の名残です。キリスト教を追放する為に、国民全員仏教徒にした制度で、今で言う戸籍係も兼ねていました。
勿論現代においては、゛制度゛ではありませんが慣習として今だに続いているわけです。

檀家になる、ということはそのお寺、つまり宗教法人の構成員になるということです。仰るように当然゛貴方の寺゛ということになりますから、護持管理にかかる費用は負担するということになります。゛会費制クラブの会員゛というのと似てるかな。

>二箇所の檀家になれるか
勿論かつての゛戸籍係り゛のような機能はありませんので、重複して檀家(会員)になってもかまいませんが、両方のお寺から護持管理費(会費)の支払いを求められる事になるでしょう。

>檀家にならず・・・・・
勿論できます。ただ坊さんによっては断る方もいるかもしれませんし、「これでこのお寺の檀家です」と言うのは、「否も応もありませんよ」、と言っているように私には思えます。中には檀家でなければ割り増しのお布施を暗に要求する坊さんもいるようです。
お布施というのも護持管理費として使われるわけですから、「檀家さんは毎年その費用を負担しているのだから、そうではない人に上乗せしてもいいんじゃないか。」と言う言い分も、まぁ解る気もしますが・・・・

wx1********さん

2011/3/1712:55:53

基本は、姉妹の場合自動的に長女が檀家になるらしいです
後、檀家になっても何か集金的なものがあるわけではなく(寺の修理の時は別らしいです)
後は、法事や法要の時にお金がいるぐらいですかね?
お墓や仏壇は、違う宗派でも同じ場所においても構わないみたいですよ
追記、知り合いの元お坊さんに聞いた話です

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる