ここから本文です

英文解釈系の参考書について意見を聞かせてください。

shu********さん

2011/3/1817:04:36

英文解釈系の参考書について意見を聞かせてください。

英文解釈教室(改訂版)、ビジュアル英文解釈(1、2)、基本はここだ、ポレポレ、英語リーディング教本が今手元にあるので、これらの内のどれかを一年間反復して受験に備えたいと思っています。そこでなのですが‥あなたならどの参考書をどのようなペースでやっていきますか?(複数のものを利用するのもいいのですが、実際に一年で終わるかどうかも考えて欲しいです。(入試まで一年だから))大学は東京医科歯科大学もしくは北海道大学の歯学部を志望していて、英語を武器にしたいなと考えています。しかし得にずば抜けて英語ができるというわけでもないです。(センターの長文の部分だけに限れば得点率はだいたい7~8割程度) というわけでそこも少し考慮したうえで‥ネット上での評価に左右されないあなたの意見が欲しいです。 (また、これらの参考書を実際に使ったことがある方で、「やったらこう成長した」もしくは「逆にダメになった」的な意見でも結構です。)

補足imouto_geki_moeさん、基本はここだとやっておきたい500、ポレポレとやっておきたい700でも大丈夫でしょうか?

閲覧数:
965
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

imo********さん

編集あり2011/3/2312:56:48

基本はここだ!とポレポレに絞るべきだと思います。正直、ポレポレをしっかりやりこんで、旧帝大の英語はあまり苦労しなくなりましたし。
しかし、ポレポレはけっこうキツいのでまずは、基本はここだ!をしっかりやり込み(三回くらい)、ある程度の長文演習を積んでから、ポレポレに移るのがいいと思います。解釈ばかりでも伸び悩んでしまいますので、基本はここだと平行して、やっておきたい英語長文300。ポレポレと平行してやっておきたい英語長文500。ポレポレが終わったら、やっておきたい英語長文700というのはどうでしょう(長文の問題集は好きなの物で構いません)。

追記
基本はここだ!と同時進行でやるのに、やっておきたい300を進めているだけですから、質問者さんがやっておきたい500をできるレベルでしたら、大丈夫です(問題自体は少し難しい)。やっておきたい700もレベルがあえば大丈夫です。「ハイパートレーニング レベル3」(桐原書店)や「こだわって!英語長文読解 標準/発展」(河合出版)も難関大学を目指すのでしたら、やりたいところですね。

レベル的には、やっておきたい700が目安になると思います。

質問した人からのコメント

2011/3/25 15:48:26

ありがとうございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる