ここから本文です

地震学において、科学において「想定外」といっていいものがあるのでしょうか。少...

phi********さん

2011/3/1912:49:57

地震学において、科学において「想定外」といっていいものがあるのでしょうか。少なくとも科学者は想定が「間違っていた」とはっきり言うべきではないでしょうか。

閲覧数:
222
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bac********さん

2011/3/1913:19:16

今回の地震に関しては、十分に想定できたと思います。概ね2か所のプレート境界が連動して動いたのですが、途中にくっついて滑らな部分があると信じ込んで、連動しないと考え、M8クラスとM7.5クラスが別々に動くとしていました。この点、大いに反省すべきです。誰も警鐘を鳴らさなかったことは、大きな問題です。私も地震工学を専門としますが、力量不足に深く反省しております。

質問した人からのコメント

2011/3/26 12:02:25

皆様から真摯な回答をありがとうございました。地震学の想定(仮説)が現実によって否定された、つまり間違っていたこと、また、間違いうる科学的な想定を前提として計画や設計が行われていることについて、正面から捕らえ、反省していくべきではないかとの思いを強くしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ary********さん

2011/3/1912:53:15

そう思います。明らかな設計ミスですね。

len********さん

2011/3/1918:32:26

今回のことが予測できたとか、間違いとか以前に、地震学って本当は予測をしてはいけないレベルであることを広く知らしめるべきだと思うけどね。
少なくとも馬鹿な政治家や役人が使いこなせる数字を出せないでしょう。
「100年に一回の洪水に備える必要はあるのでしょうか」という馬鹿な発言した女が大臣の国だよ。
ここでの質問見ても、こいつらにはプレートテクトニクス教えても意味ないと思われる質問が乱立でしょう。
放射線の件もそうだけど、基礎知識を理解する気のない奴らに、いきなり通常の100倍とかいえば不安になるのは当たり前なんだから、余計なことは言わなくていいんだと思う。
論理的な思考の出来ない奴らに難しい数字を示してけむに巻いて研究予算を取るのはそろそろやめるべきだ。
こんな地震が起これば、こうなるからこういう防災をするべきだという方向に変わるべきだね。

「間違っていた」とは言わないよね、相手にそう思うように仕向けて言いきってはいないんだから。
まあ、今回の状況を予測する結果を得た学者がいても、現実的でないとか「1000年に一回に対応した防潮堤は必要なんですか?」という意見に負けていたのも事実だしね。
学問と政治・行政の関係なんてこんなもん。

yas********さん

2011/3/1921:22:20

観測事実は「地球上で過去最大の地震はM9.5(チリ地震)だ」ということですので、M9.5を超える地震が起きたら科学的な想定外といえます。
原発立地でM7~8くらいまでを想定内としてきたのは、科学的判断というより、経営判断や政治的判断ではないかと思います。
つまり1000年に一回くらいしか起こらないことのために、予算を費やせないということ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる