ここから本文です

福島原発の写真を見ると、海面と大して変わらない所に建設されています。十分津波...

tig********さん

2011/3/1914:43:35

福島原発の写真を見ると、海面と大して変わらない所に建設されています。十分津波を想定していたが想定以上の大津波だったと言えますか?

この高さを波が乗り越えたのなら仕方がないと思えますか?

補足海の近くというのは理解出来ますが、あの低さでなければ海水を使えないとは思えないですが。

閲覧数:
240
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hon********さん

2011/3/1918:01:14

当然だが原発は何が起きても事故ってはいけない。
その前提で賛成するのだから。
福島第一原発の海抜は5m程度とかなり低い。
防波堤の高さが7m。襲った津波の高さが7m30あるいは14mとも。
10m超のスーパー防波堤は幾つもある。
費用も数十億と数千億の原発建設費に比べたら微々たるもの。
コスト重視の結果でしょう。想定外の津波とか理由にならんつーの。
少なくとも燃料タンクや重要な機器は埋設するとか、
せめて建屋の海の反対側に設置するとかの処置はあってよかった。
天災を甘く見てたとしか言いようがない。もう後の祭りだけど。

質問した人からのコメント

2011/3/19 22:52:02

降参 ありがとうございます。
他所の原発の補強をすぐにやってほしいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pb1********さん

2011/3/1916:48:51

発電所の立地条件についてのご質問として回答します。
火力発電、原子力発電は加熱、加圧した蒸気でタービンを回して発電します。蒸気を圧力の低い方に流すためにはタービンを回した後の蒸気を冷やして圧力を下げる必要があります。復水といいますが、この冷却のための冷却水として海水を使用するため海の近傍に発電所を作らざるを得ません。(北海道の一部では川の水を利用している発電所もあります。)また、燃料であるガス、油、石炭、核燃料等の輸送の利便性ためにも海に隣接した場所が選定されています。島国の日本では内陸部に建設することは現実的ではないため、どうしても海岸ということになってしまいます。

mas********さん

2011/3/1916:39:33

いままでの過去の被災は人知を超えたもので、所詮自然には人間は勝てないということだと思います・・・
ただ今回は事後の人災的な部分が多くありそうで、一日もはやく被災者の安全な生活復興が
望まれます、

オジンさん

2011/3/1915:59:23

福島の沿岸部って、これまで大きな津波が来たことのないとこだったんですよ。
だから相馬や新地の防潮堤だって、ごく低いものです。
台風時の大波を想定して設計されていたんでしょう。

だからまあ、7mを超す津波、は確かに想定外ではあったんでしょうなぁ…
然し原発となると危険施設ですからなぁ、大津波に備えた巨大な防潮堤はあって然るべきだったんじゃないかと…

2011/3/1915:06:21

だったらそんなところに建てるんじゃねぇー!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる