ここから本文です

胸部CTスキャンと胃部X線バリウム検査の放射線量は、具体的にはどれくらいの線量(...

ise********さん

2011/3/1920:24:18

胸部CTスキャンと胃部X線バリウム検査の放射線量は、具体的にはどれくらいの線量(何ミリシーベルト)になるのでしょうか?
ネットで調べてもバラバラな値が出るので、こちらで質問させていただきました。

補足それぞれ、ミリシーベルト単位であったり、マイクロシーベルト単位であったり、ネット上で見られる値にはかなりのバラツキがあるように思います。果たして10倍~100倍近いバラツキのある検査なのでしょうか?

閲覧数:
15,308
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sem********さん

編集あり2011/3/2500:40:58

【補足】
100倍は言いすぎかもしれませんが、同じ検査でも機器や撮影方法などの違いにより10倍程度の違いはある可能性が有ります。
被曝量については、その他の線量に関する勧告数値は、ICRP(国際放射線防護委員会)が発表する数値を信じて下さい。
1mSv=1000マイクロSvです。

★被曝線量など
・放射線初期障害200~300mSv
・人間が年間に浴びる自然放射線世界平均(宇宙線0.38、大地0.46、食べ物0.24、空気中のラドン1.3)2.4mSv
・ブラジルガラバリ地区の自然放射線10mSV
・ニューヨーク~東京間一回の飛行機搭乗時の被曝0.2mSV
※病院で胸部X線検査4回受けたのと同じ。
・胸部X線検査0.05mSV
・腹部X線検査0.4mSV
・胃X線検査8mSV
・胸部CT検査10mSV
・PET1回 4mSv
※器機や状態により多少前後します。胃X線検査や注腸などは技師・医師の腕で全く違います。
★障害について
発がんや遺伝的な影響は、確率的影響です。しきい値(閾値)(それだけあびれば必ずどういった障害が出るという値)が無く、あくまでも障害としては確率的なものです。
★非確率的影響のしきい値の紹介
・白血球減少250mSV(胸部X線検査5千回)
・脱毛3SV(胸部X線検査6万回)
・白内障5SV(胸部X線検査10万回)
・皮膚潰瘍20SV(胸部X線検査40万回)
★妊娠時の被曝の考え方
・妊娠に築かずにX線検査を受けてしまっても、それが原因で奇形児が発生することはありません。と言う考え方が普通です。
★妊娠について
・放射線は、細胞分裂の盛んなものの感受性が高いので生理が遅れている場合は、次の生理が来るまではお受けにならない方が望ましいというのが一般的です。また、撮影するにしても生殖腺防護を必ずしていただけるところで行いましょう。そう言ったことに関係なく40才未満ならば腰に鉛のエプロンを巻いてくれるところがよい施設です。※男女とも。
★最後に
医療被曝での放射線を必要以上に恐れることはありません。日本人は、原爆の被爆により特に【医療被曝】にも気にしすぎる方が多いと思われます。知恵袋で放射線被曝に関して質問する方全てに上記内容を読んでいただきたく思います。
★その他
・【被爆】は、原爆などの被爆です。放射線は、【被曝】です。
・【レントゲン】は固有名詞で通称です。正式名称は、【X線(検査)】ということを知っておいて下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yuk********さん

2011/3/1921:04:15

放医研のデータです
胸部CT 0.47μSv/h
胃部X線バリウム 3.2μSv/h

透視は更に高くなります

但し、バラバラ値が正しくないとは言えません
装置全てが同じとは限りませんので。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる