サザエさんのエンディングはいつ頃からジャンケンポンに切り替わったか分かる方いらっしゃいますか?

サザエさんのエンディングはいつ頃からジャンケンポンに切り替わったか分かる方いらっしゃいますか?

補足

詳しいご回答ありがとうございます。サザエさんが上に放り投げてたのって豆でしたっけ?ビスケットのような物だった気も...。うーん、思い出せない( ̄~ ̄;)。

アニメ10,357閲覧

ベストアンサー

3

1991年10月13日放送分までは、予告の最後にサザエが豆等を投げ食いしていたところを視聴者に見つかり、慌てて隠すシーンで喉に詰まらす仕草をして「んが、ん、ん」とも「んがっくっく」とも聞こえるような声を発していた。 後に東北大学医学部附属病院耳鼻咽頭科(現:東北大学病院耳鼻咽喉科)と国立小児病院小児科の医師から、投げ食いを子供が真似て気管を詰まらせると最悪の場合死亡事故につながると指摘され、実際に小学6年の男児が真似をして死亡する事故が1990年頃に発生。 その際、エイケンは「少しでも危険があるものを放映するわけにはいかない」とコメントした。フジテレビ系列ではこの変更をニュースとして扱い、夕方のニュース番組『FNNスーパータイム』内の全国ニュースで報道した。 wikiより抜粋 実際に痛ましい事故が起きてしまったので取り止めになったと言う事です。 以前から危険視はされていたようですがあまりにも定番になっていた為に変更出来なかったのかもしれません。 これによりサザエさんの次回予告は変更になりました。 [補足] 自分が見た記憶の限りだと小さいビスケットのような感じだったと思います。 流石に豆粒では喉に詰まるとは考えにくいですが昔のサザエさんでは豆粒だったのかもしれません。 それを途中からビスケットに替えた事で「豆等」と複数形になったような気がします。

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧に補足にもすぐ回答して頂いてありがとうございました。豆粒だとあまりにも小さすぎて投げ食いのえづらが想像しづらかったもので...。やっぱりビスケット系ですよね。しかしジャンケンポンへの変更はそんな昔の事だったんですねぇ。こんな怖ーい事情があったとは…。

お礼日時:2011/3/22 23:39