ここから本文です

迫る津波、車は定員オーバー 妻「私が残る」 このニュース、どう思われますか? ...

xsp********さん

2011/3/2522:47:29

迫る津波、車は定員オーバー 妻「私が残る」
このニュース、どう思われますか?
私はどうしても美談として腑に落ちなくて...御意見をお聞かせ下さい

中日新聞3/25朝刊より

迫る津波、車は定員オーバー 妻「私が残る」

津波はすぐそこまで来ていた。近所のお年寄りを乗せると車は定員オーバー、1人が降りなければならない。「私が残る」と家に残った妻は津波にのまれ、助けに向かった夫も津波に消えた。岩手県陸前高田市を襲った大津波は仲の良い家族と近所の人たちに「だれか1人が死ぬ覚悟を」と過酷な選択を迫った。

JR駅前で写真店を経営する菅野有恒さん(56)と太佳子さん(55)夫妻が、離れて独り暮らしをする母光子さん(87)を車で助けに来たのは、地震から十数分後のことだった。

「おふくろ、早くしろ」。急いで薬と保険証をリュックに入れ、家を出る。すると、近所の独り暮らしの女性ら3人が道路にいた。全部で6人。

小さなワゴン車に乗れるのは5人だけだ。顔を見合わせると、「私が残ります」。太佳子さんが申し出た。有恒さんもうなずいた。

「後ろの荷台に乗れるでしょ」。光子さんが叫んだが、太佳子さんは笑顔で首を振った。車は太佳子さんを残して急発進した。

避難所の入り口で降ろされた光子さんらは、ごう音とともに建物をなぎ倒す津波を見た。「おふくろを頼みます」。近くの人に言い残し、有恒さんの車が猛スピードで引き返し、津波の中へ突っ込んだ。「ああっ」。車が見えなくなってすぐ、波が街をのみ込んだ。

避難所では、有恒さんの車に助けられた女性たちと枕を並べる。「息子さん夫婦に命をいただいた」と涙ぐむ女性たちに気兼ねして、光子さんは「避難所では泣けません」と気丈に笑う。

でも、本当はつらくて、眠ることができない。息子は嫁を残したことを悔やんだに違いない。引き返す時「命が危ないのは分かっていた。でも、行くなとは言えなかった」。そっと避難所を抜け出しては近くの公園でお経を唱え、人目を忍んでおえつを漏らす。

補足命を賭してまでこの行為に及んだこのご夫婦の行動が
私に何を問いかけているのか考えてしまって...
私は折り重なってでも強引に乗ったと思います
そう考えた自分はいじましいのかもしれません
残ると言った奥様と見殺しにできずに津波に向かっていったご主人が
善男善女であることは分かっています
ですがこのような場合どうすべきだったのかが私には見えなくて...
この質問で不快になった方々に心からお詫び申し上げます

閲覧数:
4,388
回答数:
10
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sit********さん

2011/3/2523:02:44

単なる馬鹿です。非常事態に定員なんか関係ないです。椅子の上に二人乗ればよいだけです。荷台もあったんですからね。そうすれば、引き返す必要もありませんでした。そしてさらに言うなら、近所の人を助けることです。津波のときは人を助けてはいけません。親だって見捨てて逃げるのが基本です。助けが必要な人より一人で逃げられる人間が生き残らなければ社会の損失です。
ま、動転していたのと、この津波の基本を知らなかったのがかわいそうということでしょう。
そもそも車で親を迎えに行くこと自体が間違ってるんですよ。
政府も今後は、これをきちんと言うべきです。駐在さんなんか、ほんとは先頭切って逃げていいんです。悠長に誘導なんかしてるからみんな油断するんです。そういわれないと、残ってる人がいるからと誘導に行きます。貴重な戦力が死にます。
地震とともに、勝手にできるだけ早く逃げる。みんながそうしてれば被害者はもっと少ないです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asu********さん

編集あり2011/3/2523:36:32

荷台に乗るとか、詰めて無理矢理入るとかをしなかったという、一瞬の判断ミスが悲劇を招いてしまったという、大変お気の毒な話だと思います。

そういう判断すらできる状況になかったほど突然の大災害だったという事だと思います。
自己犠牲というのとはちょっと違うと想像します。


中日新聞って名古屋でしょ?
なら、記者は全く東日本大地震を体験していないだろうし、な~んもわかんない記者が、とりあえず記事を書いてみたら、頓珍漢な内容になってしまいましたって事でしょうかね。

him********さん

2011/3/2523:17:52

6人全員乗れたのではないですか ?
息子さん以外は女性、しかも高齢者ならば身体も小さいだろうから問題なかったはず。
そんな緊急時に取り締まる警察がいるわけでもないし、そう遠くでもないだろうし。

で、さらにもうひとりくらいいたら 『 すぐにまた迎えにくるからね 』 って言ってとりあえず家族だけで逃げるべき。

残された母親は、息子夫婦を犠牲にしてしまったことをずっと悔やみ続けて生きていくんでしょうね。つらいです。

pin********さん

2011/3/2523:07:59

危機が迫る中での究極の選択をする心理は、その場に居た方にしか分からないと思います。私でもかたっぱしから乗っけて逃げると思いますが、この奥さんはまじめだったのでしょう、五人乗りだから乗れないと思ったのかもしれません。
1次避難所から逃げ出して津波を逃れた方、指定避難所で津波に飲まれた方、極限状態の判断に誰も異論は挟めません。すでに結果が出てしまってますから。津波に関わる人間ドラマのひとつとして受け取りましょう。

tas********さん

2011/3/2523:01:20

どんな回答が欲しいのでしょうか?

美談?

本当にそんなレベルで考えや思いをノセてるの?

首を横にフッたひと、引き返した人、傍観するしかスベが無かった人々…。

全てが犠牲者であり、また被災者であり。

どれだけの被災者達が、今、生き延びた事に逆に悩んでいるか…。

xx_********さん

2011/3/2523:00:03

脚色されてる気がする。奥さん別に死ぬ覚悟で降りたわけじゃないような。
偶然が重なった。
それだけで、特別ではない。
きっと今回こんなことはたくさんあったはず。

亡くなった人を英雄みたいに書くのはかえって茶化してるように思える。

わざわざ知恵袋に実名で載せるのも、あまり良くないのでは。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる