ここから本文です

学資保険、学資目的の低解約金型終身、定期保険について。2人の子供のために、学...

yua********さん

2011/3/2614:46:40

学資保険、学資目的の低解約金型終身、定期保険について。2人の子供のために、学費の貯蓄を考えています。

アフラックの学資保険を考えていたのですが、日本興亜の低解約金型終身保険を勧められました。低解約金型終身保険にするなら、定期保険のほうがいいと聞いていたので、定期保険を尋ねたところ、アクサのLTTPを勧められました。
いまの金利からすればどちらも魅力的ですが、今後10年から15年の保険をかけたとすると(上の子が7歳、下が4歳です)、その間の金利の上昇リスクもあるし、途中解約のリスクもあるので貯蓄をするほうがいいのかtなやんでいます・・。住宅ローンなどもありますし、家全体のお金の流れとしてかんがえると、繰り上げ返済のほうが効果があるとも思いますし。ただ、学費は別で貯めないと貯めれそうにもないので、銀行貯蓄か保険かで悩んでいるところです。個人的に、保険にするならば日本興亜の終身よりはアクサのLTTPがいいとは思うのですが。お詳しい方教えていただきたく思います。宜しくお願いいたします。

閲覧数:
632
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cad********さん

2011/3/2620:55:14

教育資金準備で大切なのは、いつまでにいくら貯めるのか?だと思います

今回質問主さんが心配されているのは学資保険の満期金の元本割れではなくて、途中で解約しなければいけない事情があった時に解約すると元本割れすることに危惧しているのだと思います。

まず教育費積立と同時にご夫婦の保険の保障の持ち方もしっかりお考えください
学資保険で万が一の時に教育費だけ確保できても残された家族の生活費が確保できていなければ意味がありません



学資保険にはメリットデメリット両方あります。

メリット
・契約者(親)が死んだ場合以後保険料は免除になる。祝い金・満期金は予定通り支払われる
・税金面で有利。一時所得の所得税扱いで50万円以上利益が出なければ非課税

デメリット
・まず銀行との破綻時の対応の違いについて。銀行は破綻時には1000万円まで全額保護。生命保険会社の場合は破綻時には責任準備金の9割を保護した上、引継ぎ会社によって予定利率の引き下げが可能。→よって貯蓄系の場合早期で破綻するとかなり目減りする可能性はあります。
・途中解約すると元本割れするので最後まで継続できないと損します。
・学資保険は今現在で言えば高利率だと思います。そして満期金は一時所得の扱いなので、利益が50万円以上も出るような掛け方をしない限り非課税です。
しかし今後どれだけ金利が上がってもこの利回りは変わりません。預言者ではないので誰もわかりませんが、今言えるのは0金利の底なのでこれからは金利は上がるしかありません。もしかすると貯蓄の方が大きく増やせる可能性もあるってことです。

よって親の死亡保障額が生活費+教育費まで賄えているならわざわざ学資保険にしなくてもいいんです。

一定の積立が続けられない可能性があるなら保険で積み立てするのはリスクがあると思います。しかし貯蓄で行っていたときに親の死亡保障額がしっかりしていないと万が一の時には積み立てを継続することができず教育資金の確保ができなくなります。

どちらにしても教育費の積み立ては必要だと思いますが、万が一の時にどのように教育費も確保するのがいいのかこの機会に、学資保険や低解約定期保険で積み立てるのがいいのか、親の死亡保障額を生活費+教育費まで確保した上銀行積み立てにするのがいいのか検討されてみてください。

ご参考になれば幸いです。

質問した人からのコメント

2011/3/28 10:32:17

成功 皆様、ご回答ありがとうございます。的確なアドバイスを頂いて感謝しております。改めて、家全体の収支、保障などを考え直すことの重要性に気づかされました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

まるさんさん

2011/3/2615:09:19

学資保険の全てが元本割れするわけでは有りません。

有名ところでは、かんぽ生命さんなどはお子様、ご契約者(お父様)の生命保険、医療保険が付いているので元本割れしますが、アフラックやソニー生命などは、預金以上に利息が付いて帰ってきます。

保障も欲しい場合は、そのような、学資保険に共済などで子供の時だけの保障を付けたらそれでも元本割れは有りません。

また、定期保険でお子様を被保険者として学資目的とした場合はご契約者(お父様・お金を出す人)にもしもの事が有った場合でも、支払いの必要が有りますので、ご注意ください。学資保険は、支払い免除特則というのが有り以後の支払いが免除されるものが普通です。

say********さん

2011/3/2614:59:06

今の学資保険は、元本が割れてしまい、貯蓄にはむきません。
貯金が一番だと思います。そうしておけば、他にもいろいろと回したり出来ます。
お子さんの保障に関しては、掛け捨てで保障が良い物がたくさんあります。
昔の学資ならばかなりよかったのですが、今は、はっきり言ってお勧めする商品ではないです。
セールスの成績目的にも使われます。子供の貯金といって、うまい口にはきをつけてください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる