行政書士の通信講座について質問です。実際に講座を受けられた方から返信いただければありがたいです。

行政書士の通信講座について質問です。実際に講座を受けられた方から返信いただければありがたいです。 早速ですが、通信講座を下記3点で悩んでおります。それぞれに特徴がありどれを選んでいいかわかりません。 ①クレアール 初学者基本講座(非常識学習法とか、ポイントを絞った講義のようです。) ②東京法経学院 基本講座(包括的に勉強するというコンセプトがあるようです。) ③エイプリルカフェ 講座(テキストを把握できれば、本試験の80%程度の点数がとれるとのフレコミです。) 初学者の私が受講するにはどの講座が適してると思いますか?参考にしたいと思いますので、ご意見いただければと思います。 よろしくお願いします。

資格2,740閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

資格保有者です。 行政書士試験も近年難化が進んでおりますので、ある程度しっかりした対策が必要です。 列挙されている講座は少なくとも2つは基本の講座かと思いますが、法学初学者の方の場合、できれば最後までしっかり教えてくれる講座の方が良いと思います。 私は、『初学者だから基本を講座で教えてもらえば、後は問題集でなんとかなる』と考え、学習を進めましたが、結局別のフルサポートの講座を受講する羽目になりました。 学生の方で十分時間があり、勉強が大好きだ!そういった方ならば、問題集やテキスト中心の学習でも問題ないかと思います。 しかしながら、大半の方はそうではないはずですので、できれば初めから充実した講座をお選びになることをお勧めします。 こちらの方が結果として教材費を安く抑える事ができると思います。 もちろん最終的にお選びになるのはご自身ですから、この意見は参考にして頂く程度で十分です。 私がお世話になったのは、LECですが。 他には、周囲でユーキャンや大原を受講された友人がおり感想も聞いておりますので、私が情報を提供できるのはこの3社となります。 ◆資格の大原 http://kaigyoushienn.web.fc2.com/oohara.html こちらは、安定した講座が受講できると評判です。 受講した友人が幾人かおりますが、悪い評判は聞いておりません。 講義型の講座が中心ですので、ユーキャン等に比べると高額です。 会計系で強いところですが、行政書士講座でもかね良好です。 詳しくは上記先よりHP・体験講義・資料請求等によって情報を得られる事をお勧めします。 もちろん、肌に合っているか否かも重要ですので、受講される前に体験講座を受けられることは大変有益です。 ◆LEC http://kaigyoushienn.web.fc2.com/lec.html こちらは、司法試験の合格実績も大変高い大手資格予備校です。 司法試験の実績が高いので、ここの講座でオススメできる点は、『法律系科目の攻略』です。 行政書士試験では、法律系科目のウエイトが非常に高く、これで十分な得点を獲得できれば大変楽です。 こちらは、司法試験のノウハウがあるので、初学者が分りにくい点も熟知しておりますので、難解な法律論もツボをついた講義で目から鱗です。 近年では、攻略し難いと言われる一般知識の問題にも法律系の問題が頻出しておりますので、法律問題に強いというのは大変に心強い点です。 こちらの資格関連校も、講座が中心ですのでユーキャン等に比べると高額です。 ただ、講座自体は充実していますし、近年の難化にも必要十分な内容かと思います。 こちらも、大原同様、体験講座・HP・資料請求等で試してみられる事をお勧めします。 ◆ユーキャン 行政書士 http://kaigyoushienn.web.fc2.com/yu-kyann.html ここはよくCMをしていますね。 年始の追い込み等は強烈と感じたほどです。 こちらのウリは、なんと言っても価格です。 教材一式5万円代は他に類を見ないのではないでしょうか? 『参考書と問題集中心の勉強を考えているが、どれにすれば良いのか分らない』そういった方にはこちらの講座がおすすめです。 ただ、難点を言うならば、内容が少しだけ平易なので、模試等出題の問題を適宜補強する必要があることと、添削、問題演習が中心ですので、『耳から聞き頭に残りやすい』といった効果はございません。 この点、大原・LECとは大きく違うところだと思います。 ただ、独学が得意な方や、時間が無く講義を聴く暇がない方、受講費を節約したい方には良い教材化と思います。 以上おすすめ3者についてです。 是非参考にして頂けると幸いです。 最後に、充実した講座(LEC・大原等)を選択するメリットとして最も重要な点を挙げるならば『迷わなくて済む』という事でしょうか。 初めから、基本だけ・ポイントだけとといった限定的な講座を受講する場合や、問題集中心の学習をする場合、このような学習を選択した時、常に付きまとうのは『これで十分か?』という不安です。 これに対して、初めから充実したものを選択すると、逆に『これで十分』と安心できます。 これって精神的には本当に大切です。 この試験にかかわらず、資格試験では、試験直前になればどうしても不安にかられますので、こんな時、これで十分と思える状況を作れる事は心強いですから。 以上、合格を勝ち取られる事、願ってやみません。 http://salada777.blog39.fc2.com/

ThanksImg質問者からのお礼コメント

たくさんの解答ありがとうございました。LECが評判がいいようなので、LECを検討してみます。<(_ _)>

お礼日時:2011/4/2 7:34

その他の回答(2件)

0

私も現在受講中です。 上記に入っていない四谷学院です。 こちらは初学者向けというコンセプトなので、恐らく質問者様の ニーズにも合っていると思います。 私も初学者です。パソコン学習ができるのがほかの講座との 大きな違いのようですね。 仕事をしながらの学習であるため、少しでも学習しやすい、 継続できる講座を。。。と思いまして比較検討しました。 学習中の質問メールにかなり丁寧に答えてくれているので 現在、なかなかスムーズに学習は進められていますよ。 LECとあわせて、一番納得できる講座を選択していただければと思います。私も頑張ります。

0

すみません。上記の中には入っていないのですがLECの講座を検討されてはどうでしょうか? 他の予備校などのテキストはどちらかというと200点以上を取るテキストになっています。 対してLECのテキストは180点を取るテキストになっています。 なら200点を取るテキストの方が良いのでは?と思うかもしれませんが、実際に勉強をやるとして200点以上を取るテキストで勉強をすると時間がかかってしまいますし、法学部出身など予め法律に対しての基礎知識がある人にとっては200点以上をとるテキストの方が良い場合もあるとは思いますが、初学者が200点以上を取るテキストを使うと、正直重要度の高い知識とそうでない知識との区別をつけるのが難しくなってしまいます。(要するにマイナー知識も覚えようとして本当に必要な知識がぼやけてしまいます。) その点LECのテキストは180点を取るために必要な知識のみをテキストに掲載し、それ以上の知識はテキストでの勉強終了後の演習講座や模試で差し込んでいく形の勉強方法をとっていますので初学者にとっては何を真っ先に勉強しなくてはいけないのか(テキストですね)わかりやすい作りになっています。 他予備校がテキストから合格に不必要な知識を引き算していく勉強なら、LECはテキストプラス本試験にもっていける知識を足し算していく勉強です。 引き算していく勉強だと何がいらないのか初学者には見分けがつかないので、足し算していくLECのテキストが非常に分かりやすいと思います。 一度、受講相談などされて実際にテキストを見て検討されてはいかがでしょうか? すみません。LECの受講生で合格しましたので、LECびいきのコメントになってしまい申し訳ありませんでした。