ここから本文です

舞の海って現役時代、八百長ばかりだったんですか?

aja********さん

2011/3/2814:33:21

舞の海って現役時代、八百長ばかりだったんですか?

閲覧数:
35,307
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nig********さん

編集あり2011/4/407:23:31

と言うよりも、舞の海秀平さん本人が既に先月の講演で自身が八百長に関係していた旨を告白しています。厳密には対戦相手の元大関小錦の片八百長に感じ入ったと回想していました。最高位小結1場所在位の舞の海は、大半を平幕中位⇔下位の往復を繰り返し、大関を陥落後の小錦も平幕中位に在位することが多くなり、よく両者は対戦圏内の番付が近い力関係でした。そうした局面で迎えた平成8年名古屋場所の2日目に両者は対戦し、舞の海の引きに小錦は足を送れず敗れたのですが、勝負が決まる際に、小錦の巨体が舞の海の下半身に乗っかり、舞の海はもろに小錦の300㎏近い体重の落下を直撃し、大怪我。折角の2連勝発進の幸先良いスタートダッシュもフイとなり、翌3日目から休場する破目に追い込まれました。翌秋場所は公傷全休が認められたものの、5年振りとなる十両へと陥落し、不本意を強いられました。さすがに地力の衰えによって、番付を降下させた訳ではなかったので、翌年には返り入幕で指定席に復帰しました。そして、再び小錦との因縁の取組が組まれ、注目を浴びましたが、立ち合い舞の海がヒラリと横に動くと、小錦は出足が伴っていなかったにも関わらず、自ら進んで呆気なく自滅するように土俵を割ってしまいました。小錦本人の言質は取れていなかったそうですが、講演で舞の海曰く「あの小錦関との相撲は間違いなく八百長だった。自分の復帰を労ってくれた人情相撲を感じた」という旨のエピソードの一端を披露しています。小錦とのこうした裏話、秘話的な取組に関わらず、体重百kgに満たず、立ち合いまともに当たれない舞の海の場合、サーカス相撲と称された異能的な取り口で成功できたのは、周囲の予定調和という協力的なシナリオがあったらこそとされています。現に、手の合う同じ日大OB同士との対戦では勝ったり、負けたりの繰り返しで、対戦成績が一方的になることはなく、概ね勝率5割に落ち着き、相当馴れ合いが長じていた八百長に終始していたと振り返られます。八百長ばかりであったとしても、八艘跳びや猫騙し、クルクル回るといった独特の動作の取り口から個性派の花形力士という位置付けで俗に言う銭(ぜに)の取れる力士でもありましたので、予定調和の動意が出て、勝敗操作された上で、主に中位と下位の往復による平幕生活を長く送れたのだと見ます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「舞の海」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

miz********さん

2011/3/2919:54:03

ほとんど八百長です。でも1番1番はホントに強いですよ

sea********さん

2011/3/2901:15:25

そりゃ、あの軽量であれだけ戦えたこと、っていうのは「うさんくさく」も見えますよね。
部屋が違うため対戦が生じる、日大の先輩後輩だって多々おりますし。

でも、仮に八百長だったとしても、あの技を見ることが出来た、っていうのは幸せなことではないでしょうか。
そこに「探り」を入れる必要なんてないじゃないですか。

ちょっと斜めに構えてみる、っていうと違うのかなとも思うのですが、見方次第ですよ。
それによって、「あった」とも「なかった」とも受け止められる。

どっちであれ「エンターティナー」なんですよ。舞の海っていうのは。
舞の海に限らず、そういう力士が多かった時代なんだとも思います。
だから、「魅せる」ための作為、っていうのはあってもおかしくないでしょう。
お客を楽しませてナンボの力士です。
舞の海の存在価値って勝ち負けではないと思う。
軽量過ぎるが故の、舞の海ならではの技。また、応援している人はがっかりだけど、軽量が故にいともあっさり負ける。

中途半端な勝ち、っていうのは期待されていないんですよ。
だから、舞の海の形で勝つか、何も出来ずに軽量をつかれてあっさり負ける。
これは相手も理解していたことなんだろうと思います。

でも、それがあったからこそ、軽量の舞の海の相撲を面白いって感じ取れる人がたくさんいた。
仮に八百長だったとしても、打ち合わせがあったとしても、誰が損をしますか。
舞の海の取組が面白かった。それでいいじゃないですか。

実際に、あったのかなかったのか、は分かりません。
でも、あったと主張したい人は、あの軽量で幕内が務まるわけはない、ガチンコだったら舞の海があの成績は残せない、と言うでしょう。でも、それがなければ、舞の海という力士はいなかっただろうし、本場所の盛り上がる要素が1つかけるんです。もしかしたら、本当に実力であの相撲を取っていたのかも知れません。でも、どっちであれ、舞の海がいることで盛り上がった面っていうのはあるし、それを否定しても、得はないでしょう。

八百長八百長って、ガチンコでやれ、って声高にする人もいますが、どうであれ、あの技を見ることができることが楽しさでもあるんですよ。真剣勝負だけでは生まれないもの、っていうのも私はあっていいと思います。「八百長ばかり」だとは思いません。でも、魅せるためにそういうこともあってもおかしくないだろうな、くらいには思っていますし、平成1桁の時代の土俵を湧かせてくれた力士の1人であることは、過程がどうであれ、間違いのないことなのですからね。

arc********さん

2011/3/2900:41:44

もしそうなら、あんな怪我なんかしませんよ。

pip********さん

2011/3/2821:48:14

ajapa_ajapa_ajapa_ajapaさん こんばんは

それはないと、信じたいです。

エノキ♪☆

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる