ここから本文です

風評被害についてどう思いますか?

naz********さん

2011/4/311:32:10

風評被害についてどう思いますか?

危機に備えることと、風評被害の加害者になることは、全然違うと思います。

風評被害の加害者とは、全くあり得ない噂などにより、特定の品物などに不利益を与えること。

少しでも放射性物質で汚染された野菜を買わないのは、その消費者の選択の自由です。
それを感情論で「風評被害だ」などとまくし立てるのは、そもそも筋違いのとばっちりです。

閲覧数:
314
回答数:
20
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

c2n********さん

2011/4/923:43:57

安全性を証明する努力もせず何が風評被害だ、甘えるなと思います。

gundan_2rowさんの紹介された原乳を混ぜて薄める件、やっている人たちはそれがどういう結果を導くかわかってないのが滑稽ですね。混ぜているとわかったらそもそももう牛乳なんか買いません。自らグレーを拡大して不買対象を広げていることになぜ気がつかないのかわかりません。

>全くあり得ない噂などにより、特定の品物などに不利益を与えること。
全くあり得なくないので、消費者の選択以外の何者でもないのではと思います。

安全性を証明するどころか、安全性をより不確かにする販売者の気が知れません。どうかしてます。そんな人たちからは何も買いたくありません。なおこれは全くあり得ない噂ではなく、事実に基づく判断です。よって私の買い物は風評加害ではないと思っています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/19件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

lak********さん

2011/4/1017:00:07

ハッキリ言って、日本人は被爆や放射能に過剰反応して当たり前でんねんわ。
テレビででも堂々と、東北産の商品を買いましょう。食べましょう。
などと言う有識者や著名人が居ますが、無責任極まりない発言です。
一体、何を担保としての発言なのか疑ってしまいます。
仮に東電の発表を鵜呑みにした上で、
カシオの電卓で計算したバカ学者先生の二番煎じなら、止めて頂きたいでんな。

自分の体は自分で護らなあきまへん。
誰が何と言おうと、わては生産地の保証や社会的な担保が生じるまでは、
東北のものは家族には絶対に口に入れさせまへんで。
原爆と同じで遺伝しまっさかいにね・・・

kim********さん

2011/4/1013:26:27

風評被害ではなく実害

まぁ勇者は止めないよ
ガンガン食べてください

食べない人は加害者ではない

gun********さん

編集あり2011/4/921:51:50

自分が買いたくないものは、きっぱりといらないと言いましょう。
買いたくないものを無理強いされて買ってはいけません。断固買わないでください。
また、そのような無理強いをするような人間たちとは、無理に付き合わずに断交した方が良いと思います。

追記:こんな記事がありますが、もはや正気とは思えません。
混ぜて薄めて大丈夫ってことですか?日本終わり。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110409-00000500-san-soci

福島県は8日夜、福島第1原発事故を受けて、7日に実施した原乳の緊急時モニタリング検査(4回目)で、放射性ヨウ素、セシウムが暫定基準値を上回った検体はなかったと発表した。

県によると、今回から検査方法を改め、前回(3月29日)に暫定基準値を下回った市町村の原乳は戸別検査をせず、県内10の乳業メーカーなどが、他の市町村産と混ぜた後の原乳で測定した。

県は、約1週間後に予定する次回検査で、基準値を上回らなければ、国と調整して出荷制限を解除していく構えだ。

zan********さん

編集あり2011/4/818:45:32

では同様に被災地の物資不足による住民の死を知り
少しでも蓄えをする買溜めは何故批難されるのでしょうか?
買い込むのは自由であり元より現実に起きたことで噂以上に確かなものです
その結果他の人間が物資を手に入れられないのも筋の立った話ですが
貴様様は自分の感情を正当化しているだけです

貴様様らはそうして太古から少数を見殺しにすることに言い訳を続けます
過去の愚行の繰り返しが前進だと思い込んでいる下衆の弁舌に
理論理屈が含まれていると考えていることこそ前提間違えの筋違いです

ban********さん

2011/4/716:52:41

質問者さんの意見の通りと思います

正しい情報を得た上で、購入を拒否する事は、自由です
現在、基準値以下で安全を保証された商品でも売れ残っている原因は
風評被害ではなく、情報不足と現在の小売店のコストダウン政策が原因と思われます


例えば、震災前に収穫した福島産の米が売れなくなっていますが
収穫時期と安全性をしっかりと明記して販売してた大型スーパーはどれぐらいいたでしょうか
「今流通している福島の米は震災前に決まってる」などという販売側の当たり前は
消費者には通用しないです
自動販売機のように「ただ置いていただけ」→「売れない」→「返品」
これが大半の理由でしょう
(後から値引き処理がしにくい米の流通にも問題はありますが)

生産、流通、販売で信頼性のある情報を伝達できれば
消費者は不安が少なくなり、購入率も上がるものです

福島の米だろうが、群馬のほうれん草だろうが
しっかり説明をして(手間を掛けて)消費者に選ばせながら販売している小型小売店
とりあえず人員は極限まで削減し、置いてるだけで売れる商品しか扱わない大型小売店
販売側にも大きな責任があると思います
しかし、それに気づかずに販売店側が「売れないのは風評被害だ」と騒いでますね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる