ここから本文です

放射線の被曝は屋外=室内 放射性物質は小さく現実は玄関などで外気とつながっ...

kuw********さん

2011/4/618:24:25

放射線の被曝は屋外=室内

放射性物質は小さく現実は玄関などで外気とつながっている室内の空気中の放射性物質は同じだった。



どうして室内の被曝は屋外の1/10という現実を無視した机上の空論を真実として公表するのですか?



魚貝類の摂取基準は海は放射性物質を限りなくゼロに薄めるから魚貝類が汚染されることはないと作らなかった大失態を経験したばかりだというのに!



http://portable.blog.ocn.ne.jp/t/typecast/171340/175313/37172949

閲覧数:
541
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gcy********さん

編集あり2011/4/900:49:24

大気に均等に、ヨウ素131が分散していると考えると、大気の厚さが大切です。
ヨウ素131からは、ガンマ線が、出ています。
ガンマ線は、波長の短い電波で、遠くへ飛びます。
紫外線と同じように考えて下さい。
屋内へは、あまり届きませんね。
上空まで、分布するヨウ素131の原子から、紫外線より、たちの悪い放射線が降り注いでいます。
勿論、室内のヨウ素131からも出ていますが、上空数十キロの厚さから出ている量に較べれば少ないです。
屋内では、日焼けしませんね。それと同じです。放射線は、紫外線より、害が大きいです。
実際に計測してみますと、屋外の方が、放射線量は低いです。
決して間違いではありません。

それから、内部被曝の点を考慮しますと、ばら撒かれたヨウ素131は、微粒子へくっついた状態と考えられ、塵だと考えて下さい。
屋外ですと、塵が降って来ますが、室内では、ありません。屋外では、ホコリを吸い込んで、肺も被曝します。
室内では、屋外ほどホコリはありませんので、やはり内部被曝も少ないです。

屋内退避。外出時は、帽子を被る、マスクをする、皮膚を露出しない、雨が降れば、傘をさす。これが、身を守る簡単な方法です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

miz********さん

2011/4/900:23:59

原発近くで、埃まみれの様子を想像すると、屋内が少ないとなるでしょう。
10分の1は想像だけかも。ほんとは現場に駆け付けて、減りかたを測定すべき。
想定してなかった。
「安全神話」王国から「想定外」の お告げ。宗教団体みたい。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる