ここから本文です

放射能と放射線の違いを教えてください。 意味の違いや言葉としての使い方を教...

min********さん

2011/4/907:07:28

放射能と放射線の違いを教えてください。

意味の違いや言葉としての使い方を教えていただきたいです。
(例えば「放射能汚染」は聞きますが「放射線汚染」は聞かないように思います。「放射性汚染」とは言うのでしょうか?)

閲覧数:
17,366
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fried_turnipさん

2011/4/911:16:39

放射線は粒子線や電離性の電磁波です。(α線、β線、γ線、中性子線、etc.)
放射能は、放射線を出す能力です。(ベクレルという単位で計測します。)
放射性物質は、放射能を持った物質です。(放射性ヨウ素、放射性セシウム、etc.)

放射能汚染というのは、放射性物質が付着したり混入したりして、
食品や土壌やその他の物体などが放射能を持った状態を言います。
これは間違った表現ではありません。

放射線は通り過ぎれば無くなる一過性のものですから被曝という言葉を使います。
汚染と言う言葉は使いません。

放射性汚染という言葉も使われません。

質問した人からのコメント

2011/4/16 18:46:58

降参 皆様、分かりやすく説明して下さってありがとうございます。
しっかりした知識を持って生活したいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

編集あり2011/4/1617:59:59

理屈を言えば、「放射性物質汚染」が最適なのでしょうね!

言語とは共通認識の産物なので、学術的には本来は誤用かも知れませんが、「放射能汚染」は定着しています。「放射線汚染」とは云わないでしょう。

放射線とは高速の素粒子流もしくは波長の短い電磁波で、衝突した原子を壊す性質を持っています。したがって、これが遺伝子を構成するDNAに衝突すると、DNAの一部にダメージが生じ、癌細胞が生成されたりします。

α線はヘリウム原子核(陽子×2+中性子×2)の高速流です。

β線は電子の高速流です。

γ線やX線は電磁波です。

中性子線は中性子の高速流です。

これらの放射線を発する物質を放射性物質といいます。これは安定な原子に対して、中性子数が異なる「同位体」であることが多いため、放射性同位体(ラジオアイソトープ)とも呼ばれます。

そして、放射性物質が放射線を出す性質(能力)を放射能というのですが、学術的な定義はさておき、一般の認識としては放射線と放射能は混同して使われています。それでも特に問題(危険性に対する誤解等)がない場合が多いようです。

cav********さん

2011/4/1002:51:16

ドラゴンボールで例えると
放射能=チャオズ
放射線=ドドン波

人体に危険なのはドドン波。
でもドドン波を出すチャオズを無くさない事にはいつまでたってもドドン波を出し続けるから危険。

○放射能汚染=チャオズに囲また。

×放射線汚染=ドドン波に囲また。

ドドン波に囲まれたなんて表現はしないですよね

多度Cさん

2011/4/916:19:02

言葉の意味は既に出ているとおりです。
放射能は能力ですから「放射能がある」とは言いますが「放射能が出る」とは言いません。
逆に「放射線が出る」とは言いますが「放射線がある」とは普通言いません。

「放射能が漏れる」と言う場合は放射性物質が漏れていることを意味します。
放射線を出す能力(を持った物)が漏れていると解釈してください。
「放射能汚染」も、放射性物質によって汚染された状態を意味します。
放射性物質が付着したりすることで、その物が放射線源になってしまうわけですから
見た目上、放射能を持ったのと同じ事になりますね。だから「放射能汚染」です。

「放射線が漏れる」と言った場合(あまり聞きませんが)遮断しているはずの放射線が漏れ出た、という意味になりますね。
「放射能が漏れる」とは意味合いが若干異なってきます。
放射線が当たった物が汚染されるわけではないので「放射線汚染」とは言いません。
「放射性汚染」という言葉もありません。放射性の汚染というよくわからない意味になってしまいます。

tyb********さん

2011/4/907:42:02

放射能と、放射線の意見が分かれていますので

放射能は、放射線を出す能力のことです。(抽象的なもの)

放射線は、波(エネルギー)や、粒子の流れです。

放射能汚染は、一般的に言われてますが、厳密には間違っているのではないかと思います。
(本当はウェブページなのに、ホームページだとみんなが思っているように)

汚染をするのは、実際に存在するもの(波、粒子)であり、実際に存在しないもの(能力)に、汚染されたというのは間違いだと思います。
ですから、科学的には「放射能汚染」「放射性汚染」は間違い。
「放射線汚染(余り聞かない)」「放射性物質汚染(これも余り聞かない)」は正しいと思います。

国語的には、よく分かりません。

思いますばかりですみません。

tsu********さん

2011/4/907:18:32

放射能と放射線を身近な物に例えるなら室内にある蛍光灯を想像してください
光を出す蛍光灯本体が「放射能」で出された光が「放射線」となります
つまり放射線を出すウランやプルトニウムが放射能ですね

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる