ここから本文です

十二国記で、死んだ麒麟は使令に食べられるとありますが、 もしかしたら女怪まで...

ayamanさん

2011/4/1716:48:52

十二国記で、死んだ麒麟は使令に食べられるとありますが、
もしかしたら女怪まで麒麟を食べてしまうのでしょうか…?

生まれた時から麒麟のことを考え、命を注ぎ込んでいたのに?
もしくは、麒麟と一緒に使令に食べられるのでしょうか?

また、死んだ麒麟を食べ、野に帰った妖魔はその後別の麒麟の使令になったりしないんでしょうか?

補足あのぉ、女怪について聞いているのですけど…

閲覧数:
16,850
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2011/4/1720:38:53

麒麟が死ねば女怪も死ぬという記述を見た覚えがあります。
私自身どこで見たのか怪しいですが、ウィキペディアの女怪の所ではそう記述されていました。ソースがwikiですみません。
麒麟と王の関係のように命運尽きて死ぬのか、自殺するのか、一緒に食われるのかは見た覚えがないので分かりません。
予測ですが、麒麟のことばかりしか考えていない生き物なので、麒麟が死ぬような危機が迫った時には真っ先に犠牲になるのではと思います。
女怪は妖魔ではありませんし、生まれた時から麒麟の事ばかりかんがえているような性質などの設定上、麒麟を食べることはないはずです。明確に記されていませんので予測の範囲ですが。

使令ですが、今のところ分かっている十二国記内では他の麒麟の使令が、麒麟の死後他の麒麟に折伏されたという例はないです。あるかも知れませんがわからないという話ではありますが。
設定上ではあり得そうな気がしますが、麒麟を食べれば麒麟の力(一部?)を己のものとするという話なので、一度麒麟を食べた妖魔は強いはずです。そう簡単に折伏できないはずなので、泰麒と傲濫のようにどうしようもない状況でない限り麒麟の方が避けるのではと思います。にらみ合っているうちに食われると言うこともあるそうなので、本能的に危険は回避するのではと思います。
ないとは言えませんが可能性として低いのでは、と思います。

質問した人からのコメント

2011/4/22 19:40:58

成功 詳しいご回答ありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

さん

2011/4/2218:43:09

妖魔が麒麟と食べるのは、確か契約する代償だった筈です。

女怪は麒麟と契約している訳ではありませんし、食べると言うことはないと思います。女怪が麒麟とセットなのは、王と麒麟がセットなのと同じく定められた仕組み?のようなものですから。

麒麟を食べた妖魔がその後別の麒麟に仕えるのかどうかは、今のところ不明ですね。でも、麒麟を食べても妖魔であることには変わりませんから、出来ないということはないと思います。
ただ、かなり強くなっていると思うので、他の麒麟より頭二つ分くらいは抜きんでた力を持っていないと契約は難しいと思います。

cho********さん

2011/4/1719:34:29

詳しく書かれていないためその辺りは不明ですが、小説、アニメをみるかぎりでの考えでは、まず麒麟が食べられるシーン事態はないものの、寸前のシーンはアニメでコウ麟が女怪に抱かれたまま影の中に消えていったあと、使令がそこへ飛んでいきましたね。おそらく食べるために。あのシーンを見る限りでは一緒に食べられているように考えられます。

使令がまた別の麒麟の使令になることも、書かれていないためわかりませんが、あるかもしれないし、ないかもしれません。

とりあえず、全て予想の範囲ですのでほんとのところは分かりません。

アムリタさん

2011/4/1717:00:03

妖魔は麒麟に使えて使令になる時、麒麟が死んだらその体を食して良いと言う契約を結ぶんです。
その為、使令は麒麟に従順に従い、その褒美として麒麟を食するんです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる