ここから本文です

朝日生命「保険王」のメリット、デメリットを教えて下さい。 結婚を機に、保...

sch********さん

2011/4/2100:04:44

朝日生命「保険王」のメリット、デメリットを教えて下さい。


結婚を機に、保険の見直しを考えています。

主人は会社が契約している「保険王」に加入しているのですが、調べてみるとあまり良い評価を見掛けません。
しかし情けない話ですが、二人とも保険について真剣に考えるのは初めてで、単語があまり分からず、何がどう駄目なのか理解できません…。

なので、小学生相手だと思って分かりやすく教えていただけないでしょうか?


普通定期700万円、長期生活保障で年金150万円を15年間、
総合医療保険で日額5000円、がん医療保険で日額5000円、生活習慣病保険で日額5000円、
介護終身年金60万円、介護一時金300万円
積立は2000円で、現在月に14,000円支払っています。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
26,617
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kak********さん

2011/4/2103:22:17

積立2000円以外12000円が掛け捨てで、保険期間が10年か15年で終わってしまう。これが問題点です。10年、もしくは15年の期間が終わると更新となり保険料は倍近く上がるでしょう。現在ほとんどの保険会社が一生涯の医療保険を販売していますが、たぶん最長で65歳か80歳で終わりませんか?保険証券をみると保険期間、払い込み年齢など書いてあるはずです。保険金額が同じであれば比べるのはその点です。保険料が多少高くても、期間が長かったり、保険料が上がらなかったり、積立部分が多く満期金や年金があるなど将来的に大分違ってきます。いくつかの保険会社・・・できれば外資系のコンサルティング型の生保のプランナーに現在の保険証券を見てもらい提案をしてもらうと良いですよ。出来れば3社くらいは見積もりお願いすると、ご自分の納得する保険がきちんとわかって契約することが出来るはずです。ソニー生命やジブラルタ生命、プルデンシャルなどお勧めです。

質問した人からのコメント

2011/4/24 19:39:52

感謝 皆様ありがとうございました。悩みましたが、kakofuyuさんにBAを。
本日、FPの資格を持っている姉夫婦も勧めてくれたソニー生命の方のお話を聞きました。保険王の証券を参考にお話を聞いたら、どれほど無駄な保険をかけていたのかよく分かりました…。どうもありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bla********さん

2011/4/2111:38:09

一昔前「定期付終身」という終身保険を主契約、定期部分を10年更新の特約としてセットで
販売していました。
終身部分200万、定期部分3000万円というような形です。
当時ろくに説明をしなかったため、誰しもずっと3200万円もらえるものだ、保険料が
あがることも説明がなく。
そして更新の時期がきて保険料があがり、こんなの聞いてない、払えない。
しかし証券等には記載がある。さらに定期が終わって死亡し請求したら200万しかなかった・・・。
と、トラブルがあとになってふえました。

上記のトラブルが表ざたになりだして解約が相次ぎました。
しかも定期部分の一部解約。一昔前の終身保険は利率がよかったため「お宝保険」と呼ばれ
もっておけというのが広まったからです。

そこで作られた保険がアカウント型と呼ばれるものです。保険王もそうです。
各社何も知らない契約者に過去の保険をこの商品に転換をさせました。

そしてこの商品仕組みがややこしいです。自由に設計できると謳ってますが、
そもそも保険自体知らない人がどれだけ自由に設計できるでしょうか?
見かけは違うように見えますが、根本は定期付終身と変わらないのです。
むしろ終身部分はいくらときまってないので定期のみ解約とかそういうことができない分
もっと厄介になっています。
更新で保険料が上がるのを嫌う人をごまかすために積み立て部分を自由に使えるの
ですが、保険料が上がるのをおさえると、当然積み立て部分が減り、最終的に終身保険として
残す部分がなくなってしまうのです。

噛み砕いて言葉だけで説明するのが非常に難しいものです。
果たしてあの商品をしっかり説明して売った担当者がどれだけいるのかと思うほどです。

nak********さん

2011/4/2105:02:12

悩んだ末 知恵袋で勇気をもらい、現在生保業界におります。
私の営業スタイルとして まず証券分析をしてから、 必要な保障を お客様に
ご案内しています。 「保険王」は数件見てきましたが、残ししていいものは ありませんでした。

* メリット
保障期間が限定されるため、保険料が安い
(私的には 安いと思っていませんが)

*デメリット
簡単に一ことで、言ってしまえば 定期 = 一定期間のみの保障。
保障のすべてが 期間限定型の 保険であるということ
積立金といわれる部分 2000円は 12か月 × 15年間 = 36万円
で たったの 36万円に 微々たる配当がのっかてくる程度 将来ほとんど使えません。

介護に関しても 15年間の間に 介護状態になった場合に支払われるもので
介護状態と認められる 条件がありますので、 お若いうちは 事故や難病などで
重い状態にならない限り おりるものではないと思います。

医療保障 死亡保障 介護保障 すべて、終身型は 多く出ています。


ご結婚して お子様が出来て、というこれからを考えると、

死亡保障 : 終身型を土台に 収入保障特約を 必要期間設ける。
(終身型とは 一生涯保障。)
または 貯蓄性のある 長期保障型の保険で貯蓄と保障を。

医療保障 : 終身型 総合医療保障(病気 災害保障) に
生活習慣病・ 三大疾病(特定疾病)・先進医療・特定疾患などの保障を 特約でつける。

+して けがや損害賠償備えるなら 県民共済も良いですよ。

介護保障 : 終身型 (一時金型 年金型 両方 など)


今 私が お客様に勧めているのは
終身医療:(総合+生活習慣+三大疾病+先進医療+特定疾患 特約)に 介護終身特約をつけて
単純な掛け捨てに ならないようにしています。

死亡保障は お若い方には 貯蓄性のある 長期保障型の保険
(98歳定期・・98歳まで保障 しかし 貯蓄性があるので、元本超えの後 解約 減額前提に加入お勧め)


保険は うまい話に乗ると 失敗すること多いので、
デメリットをきちんと説明しているかを 判断の基準の一つにしてみるといいと思います。

「保険をくるり」 参考にしてみてください。
手前みそではなく この会社の保険 単純で好きです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる