ここから本文です

産まれくる子供と家族への保険を診断してください!

qui********さん

2011/4/2123:25:05

産まれくる子供と家族への保険を診断してください!

長文失礼します。
一昨年の11月に結婚してからもしばらく無保険で暮らしていた私ですが、妻の出産を前にとうとう保険に入ることにしました。
つい最近まで保険など考えてもいませんでしたので掛け捨ての意味も知りませんでしたが、私なりに勉強しました。
デパート等に入っている保険相談(保険見直し本舗、ほけんポート)にも相談に行きましたが、イマイチ『これに入ればOK』という方針が立ちません(もちろん各家庭ごとに違うからというのもありますが…)。
コーディネーターも返事が曖昧で自信が持てません。


そこで、今回私が考えた組み立てについてご意見いただけませんでしょうか?
宜しくお願いします。

<データ>
・私(喫煙者、健康体)、妻…26歳。子供は今年の7月に産まれてくる予定
・年収は450万、保険については合計月3万弱を予定(掛け捨ては勿論なるべく少なくしたい)
・妻はややガン家系ですが私は特になさそうです
・もともと学資保険に加入するだけのつもりだったが、これを機に一通りの保険を揃えるつもりである
・2~3年後に第2子をつくる予定、場合によってはその後3人目もあり得る


<検討している保険(全て加入予定です)>
●あいおい生命 低解約返戻金型定期保険 (学資保険代わりに)
16年払いの18年で解約予定、解約返戻金約300万を設定。私が死亡した場合500万もらえる
¥12975/月

●オリックス生命 keep (収入保障保険、掛け捨て)
~65歳の保障、月10万円支給
¥3450/月

●東京海上日動あんしん生命 長割り終身 (私の葬式代or老後の万が一への資金)
60歳払い済み、死亡で500万円
¥7655/月

●オリックス生命 CURE (医療保険、掛け捨て)
60歳払い済み、入院1日1万円60日コース、三大疾病治療一時金30万円
これから病院は包括医療で入院期間を短くすると予測し短めの設定
¥5211

合計¥29291/月(うち掛け捨ては¥8661)


まだコーディネーターに未確認ですが、
●返戻率を考慮し個人でも加入OKなら長割り終身ではなく長割り定期にして将来解約するのも考慮している
●長割りに収入保障保険の特約はつけられるのか?(保険4つは多いのか?)
●子供が独り立ちする時期まで掛け捨てでもいいので死亡保障を手厚くすべき?
●収入保障保険は~60歳までで十分?


十分、不足、過剰、バランス等意見下さると幸いです。
どうか家族のために力をお貸しください!

補足・妻は専業主婦、子供が3歳~パート予定
・貯金は50万程
・貯蓄目的が強く学資は返戻率重視、保険外の学費は資産運用予定
・長割り終身は葬式代以外にも学費への一時金と捉えて加入しています
・禁煙中(~1年の為喫煙扱い)
・今後金利↑でも定期保険のほうが返戻率が5%高く最終的に返戻率が高いと見越して判断
4~5年以内に持ち家購入予定、子供が増える度に学資保険に改めて加入する予定です。
よろしくお願いします。

閲覧数:
478
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2011/4/2320:38:04

かなり良く考えましたね。あなたの年齢は26歳?それならば収入保険が60歳までで良いでしょうね?今万が一の場合一時金が1000万、収入保険は総額4080万円ですね。お子さんが2人になると少し物足りなさは感じますが、もう一人生まれたら学資的なものもプラスされるのでしょうし、何とかなりますね。住宅が持ち家ならば充分に思いますが、もし今は賃貸ならば収入保険を少し足しても良いかもしれません。医療保険は払い済み年齢を終身にすることもお勧めします。医療制度もどう変わってゆくかわからないですし、月々の負担を軽減し60歳払い済みで終身分まで多く払ってもしてもそれまでに亡くなっては死亡保険金とは違い無駄になることもあるので。長生きすると退職後の生活費は大変ですが医療保険一つ残るくらいなら負担も軽く済みます。全体には良いバランスで良い保険内容と思います。FP kakofuyu
補足 住宅ローンを組むと団体信用保険加入となり保障額を下げられることも考えて今は住宅分も上乗せしましょう。保険は特約ではなくバラバラに加入した方が減額や変更がしやすいです。すぐに使わない学資金などは貯金より保険で持つ方が有利ですね。もう良く検討されているので後は考えをまとめるだけですよね。良い保険に出来ると良いですね。

質問した人からのコメント

2011/4/28 01:26:36

笑う この組み立てで決めるのに背中を押してくださいました。ありがとうございました!
確かに収入保障は60歳までで十分ですね、検討しようと思います。
足りないものも明確になりましたし、質問してとても有意義でした。ありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tar********さん

2011/4/2215:10:36

一番いい方法としては、お考えになった保険プランをFPに相談してアドバイスを受けることだと思います。
知恵袋もとても役に立つと思いますが、直接話してアドバイスを受けた方がより説得力が増すと思います。

保険相談はご利用済みとのことなので、そちらで再相談されてもいいと思います。
他のFPに相談したい!というのであれば、保険の無料相談を受け付けているサイトもたくさんあります。

私は保険のgiftというサイトからFPを派遣して自宅に来てもらいました。
自宅でくつろぎながらアドバイスを受けることが出来たので、とてもおすすめできます。
http://hoken-gift.jp/about/

いつも気軽に相談できるFPがいると心強いですよ。
知恵袋の回答でも迷ってしまった時は相談してみてください。

kt_********さん

2011/4/2201:03:47

保険と言うのは個々の考え方によっても違います。

葬式代の為の死亡保障も
定期保険で保険料を節約しそれとは別に葬式代を貯蓄すると言う考え方もありますし
返戻率の高い終身保険を短期払いで払込、少ない払込保険料で高い保障を買うと言う考え方もあります。
終身払いの終身保険に加入し、月々の保険料を押さえたいと言う考え方もあります。
どれが良いかと言われても、早く死ぬか遅く死ぬかで違ってきます。
したがって、どれが良いかと聞かれてもこれが良いとは言えません。

後は、あなたが無くなったとき残された家族が困らないように
いくらの保障が必要かを考えたら良いと思います。
遺族年金等の事も考慮して

st1********さん

2011/4/2200:15:36

質問
・奥様は専業主婦ですか?
・貯金はいくらありますか?
・掛け捨て部分を少なくしたい理由は?
・学資を保険で用意したい理由は?

感想
・自分の葬式代のために20代から保険に入るんですか??
貯金がある程度あれば不要では?
タバコやめる方がよっぽど期待値あがります。
・これだけ低金利のときに固定金利で長期間運用するのはリスク高。
・子供が増えた場合のことは増えたときに考えたらいいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる