ここから本文です

山月記★語句の意味

mik********さん

2011/4/2314:45:32

山月記★語句の意味

①人語を操る

②…の間に伍する

③警句を弄する

④胸を焼く

教えてください!おねがいします ・ω・

閲覧数:
51,982
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tab********さん

2011/4/2322:16:27

中島敦の山月記から前後の文を引用いたしました。
このお話は虎に変身してしまった詩人志望の男が、古い友人が通りかかったときに
そのいきさつを語るという内容のお話です。


①人語を操る
「そういう時には、曾ての日と同じく、人語も操(あやつ)れれば、複雑な思考にも堪え得る。」
人の言葉を話すことができる。

②…の間に伍する
「又、己は俗物の間に伍(ご)することも潔(いさぎよ)しとしなかった。」
仲間入りして親しくする。

③警句を弄する
「人生は何事をも為(な)さぬには余りに長いが、何事かを為すには余りに短いなどと口先ばかりの警句を弄(ろう)しながら」
もっともらしいことを並べたてる。

④胸を焼く
「それを思うと、己は今も胸を灼(や)かれるような悔を感じる。」
後悔のあまり、胸が熱くなるような痛みさえ感じる。

このような意味ではないでしょうか。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

meg********さん

編集あり2011/4/2316:53:20

こんにちは、

①人の言葉を使う(話す)

②~の並の才能の持ち主たちと親交をもつ

③深い意味や真理を鋭くついた簡潔な言葉をもちいてもてあそぶ

④ひどく思い慕う。

ごめんな、自身はあまりないよ(-_-;)

これを参考にした、いや①以外パクったけどね。参考にしてね。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1226232727

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる