ここから本文です

霊否定派の方にお聞きします。 数々の霊の目撃談、虫の知らせなど死者にまつわる不...

gai********さん

2011/4/2409:15:42

霊否定派の方にお聞きします。 数々の霊の目撃談、虫の知らせなど死者にまつわる不思議な体験談がたくさんあります。病気が霊的治療で治癒した例も数々あります。

また、霊媒が死者や霊界から受けた通信もたくさんあります。さらに学者や医師による、臨死体験、前世退行催眠、幼児の生まれる前の記憶、生まれ変わり事例、などの研究もあります。

これらには矛盾も幻覚も誤りも誇張もトリックもありますが、トータルにみると何か筋が通っていると思いませんか ?

閲覧数:
368
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jig********さん

2011/4/2409:26:16

そもそもそのこと事態に筋が通らないと
説明しております。

矛盾も幻覚も誤りも誇張もトリックの可能性を排除した後

まだ存在する事例を示してくだされば

発展もするかもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ymn********さん

2011/4/2620:58:14

はじめから「正しい」との前提で好意的な読み方をするからです。私自身そのことを、友人にかなりキツイ言葉で指摘されるまで自覚できませんでした。人は誰でも(オカルトに限らず)一旦信じ込んだ考えに固執しがちです。信じていることに「不利」になる論拠よりそれを「支持」するような論拠のほうを好んだり、矛盾したり反対の証拠を無視する傾向があります。そういう主観で見れば、どんな事柄も自分に都合良い結論が出ます。だからこそ、「矛盾も幻覚も誤りも誇張もトリックも」あるけど筋が通っている、という、それこそ筋の通らない主張になるのです。本来なら、その矛盾や誤りなどを一つ一つ潰していくべきです。

また、霊肯定の本は、調査の詰めが甘く、肯定的な結果が出た時点で簡単に結論を出すことも、多々見受けられます。
「生まれ変わり」を例に取ります。
実話です。ある女性が、私は前世で○国○村に住んでいて、こんなことがあった、と話しました。研究者が、○国○村へ行って調査をすると、村の様子や昔の出来事が、女性の語ったとおりでした。肯定的な研究者なら、ここで「生まれ変わりは事実」との結論を出して終わります。
ところが、きちんとした研究者はここで終わりません。次に女性の生い立ちを詳しく調べました。すると、女性が幼い頃住んでいた家で、近所の老婦人によく遊んでもらっていたことが判明しました。女性自身はそのことを覚えていませんでしたが、この老婦人が○国○村の出身者だったのです。そして、女性が前世の名前として名乗ったのは、老婦人の名前と同じでした。
そして研究者たちは、生まれ変わりは事実ではなく、女性が幼い頃に老婦人から聞かされた昔話を自分の前世と勘違いしていた、との結論を出しました。
また、超能力でも同じです。かつて「ライン博士が成功した、超能力が証明された」といわれた実験は、その後他の研究者がいくらやっても、成功しませんでした。

こういう事例がいくつもある以上、『本人がそう言っているし、肯定的な証拠(だけ)がある』との理由で、すべて納得して受け入れるなど、できるわけがないです。

yur********さん

2011/4/2509:55:33

その物の否定と言うより、体験談の類に否定的な者です。例えば、生まれ変わり、前世の記憶。これは、私個人はあり得ると思います。ただ、輪廻、魂などは関係なく。もっと単純且シンプルに、DNAが持つ、遺伝情報。親から子へと受け継がれる、「生物の営み」。これに尽きると思いますし、これより納得の出来る話はついぞ聞きません。臨死体験。これも、脳が作用する出来事に分類されたりしますよね。例えば、事故であまりの苦痛を受けた際、脳が苦痛を緩和する映像を作り出す。そこに深層心理や、共通の意識が反映し、「お花畑」が見える。或いは苦痛と対峙が困難と、脳が判断した場合、「死んだ知人が迎えに来る」映像を流します。これも共通の概念+脳の苦痛回避の本能が成す技です。そう考えると、「脳の可能性」が無限大なのであって、霊が介入する余地の方が遙かに少ない。意外に科学で証明できる事は結構あるんですよね。科学と隣り合わせ、と言う意味においては、筋が通っているかも知れません。

tak********さん

編集あり2011/4/2410:26:46

霊の目撃談は、ほとんどが自然現象や錯覚で片付く。原因不明なものは、霊と証明が出来ない。

虫の知らせは、人間が持つ未知の能力の可能性がある。

霊的治療は、精神的治療やプラシーボ効果。あとは、でっち上げ。

霊界から受けた通信、前世に関する事は、事実と証明することが不可能。関係者がでっち上げる事はいくらでも出来る。

幼児の産まれる前の記憶は、忘れてしまうだけなので、有って当然。

臨死体験は、脳の働きで起こるもので、霊の存在を証明するものではない。

霊の存在を、完全否定はしたくないけど、それが現実の世界に影響を及ぼすのは、否定する。

私は、虫の知らせを体験してます。
体験してるからこそ、「連中のはインチキだ」と感じる。

cou********さん

2011/4/2409:42:49

様々な情報はあるけど「自分が霊を見たことも感じたこともない」というのが一番大きいです。
そして、out siderという映画に「死ぬというのは夢を見ないで眠り続けるようなもの」というセリフがあって、
この言葉が自分にとっては最も納得いく答えに感じるので、霊を否定しています。

hai********さん

2011/4/2409:39:06

幻覚、誇張、誤り、トリック含めトータルで筋が通ってはダメなんじゃ???笑
まず、本物という例をあげるべきですし、その本物のみで筋を通すべき。
もう少し、冷静に考えて下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる