ここから本文です

プロの写真現像の現場で、デジカメでない頃は酢酸を使いましたか?カラーでも使い...

gan********さん

2011/4/2615:09:44

プロの写真現像の現場で、デジカメでない頃は酢酸を使いましたか?カラーでも使いましたか?また、デジカメになった今、現像に酢酸は使いませんか?よろしくお願いします!

閲覧数:
388
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dua********さん

2011/4/2615:37:20

使ってました。

白黒フィルムからプリントを焼き付ける際
「停止液」といって酢酸を希釈した液体を使ってました。

手順としては
まず引き延ばし機でフィルムを透過した光を印画紙に当て(「露光」)
その印画紙を
①「現像液」(アルカリ性)に漬け、画像を浮かび上がらせる
②「停止液」(酸性)に漬け、現像液の作用を止めると同時に
次の定着液にアルカリ性の現像液が混ざるのを防ぐ
③「定着液」(酸性)に漬け、画像を定着させる
最後に水洗して薬品を洗い流す
という感じです。

カラーでは「発色現像」という行程が増えますが
酢酸は同様に使っていると思います。

デジタルプリントの場合
インクジェットプリンターなどでは使わないでしょうが
写真屋さんの印画紙プリンターでは使っていると思います。

酢酸を使っている場合でも最後にはちゃんと水洗するので
環境とかお肌には影響ないと思いますが
気になるようなら写真屋さんに相談してはいかがでしょうか?

ちなみに私は仕事で白黒フィルムの焼き付けを
もう10年以上やってますが(いまでもやってます)
薬品を素手で触ったりはしないので
目立った悪影響はありません

質問した人からのコメント

2011/5/2 22:38:41

降参 有難うございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

jikkenlabさん

2011/4/2820:49:19

カラーの処理では明示な「停止処理」は行わない事が多いのです。
従ってモノクロの処理で使う意味の酢酸は使わない事が殆どです。
(使って使えない事はありません。)
漂白処理で使うEDTA Fe塩(エチレンジアミン四酢酸)は酢酸の意味合いが違ってきます。

カラーフィルムの処理で停止処理を使う場合は、酢酸より硫酸の方が多いように感じます。

そこにゃさん

2011/4/2616:46:50

銀塩式のプリント機ではやはり薬剤を使います。

例えば、フジの↓の機種では「処理薬品 フジカラーシンプルイット E(CP-49E)」です。
http://fujifilm.jp/business/photo/digital_lab/frontier/lp5700_5500r...

MSDSからある程度の成分は分かります(単純な「酢酸」は無いようです)。
http://www.fujifilm.co.jp/msds/no4/result_kan.html?p1=6&p2=30

kaw********さん

2011/4/2615:33:28

氷酢酸ですね。つまり現像液がアルカリで定着液が酸性ですから、現像液の付いた印画紙なりフィルムを稀薄した氷酢酸に浸してから定着液に移したわけです。そうしないと斑になってしまいますから。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる