ここから本文です

スピリチュアルな件 その2

アバター

ID非公開さん

2011/5/314:13:29

スピリチュアルな件 その2

今回の「スピリチュアルに関する件」は2回目となります
<前書き>
ジョージ・カヴァシラスと言う人は幽体離脱と言った形で13次元まで行ったと言っており、幼少の頃から地球外生命体と何度もコンタクトをしていて。これから起こるアセンションについて悉く語っていました。最初は私(高1:男子)は信じませんでしたが、他のスピリチュアルサイト「レムリア・ルネッサンス」との偶然の共通点があり、それはジョージカヴァシラスさんの言う「地球意識(ガイア様)は自身をこの地球として具現化しここで最終的な痕跡を残そうとしている」と言っています、他にも「地球はこの宇宙の女性性を現す存在」や「地球は生きていて、呼吸もして、考えもある生命体(意識)です」など言っていますがこれはレムリア・ルネッサンスにおける地球意識の概念と一致してます。ただこれはスピリチュアルでは知られた情報(地球意識)ですが、当時コレを思ったときはオーストラリアの人が日本の言葉を理解できるはずの無い中で偶然に同じ事を話すのはやはり何か世に裏があるのではなどと思うことがありました。ですからこの質問を答えてくれる人はスピリチュアルを肯定とする人であってほしいです。と言うよりスピリチュアルを肯定している人への忠告になりますが
<本文>
そんな彼はよく「偽の光」と言う言葉を言っていたので何なのかと調べてみたのですが。

偽の光(条件付きの愛)
闇勢力が支配する枠組みで、光と愛とポジティブを強調したがります。 光と言っても、闇とネガティブを拒絶する「条件付きの愛」です。 表裏逆というだけで、闇と同一レベルです。 独善的な考え方で、善か悪か、愛か恐怖か、ポジティブかネガティブか、正か誤かというように、この枠組みに捕らわれた者は二者択一の観点から物事を見てしまいます。 二者択一している段階で既に条件付きの愛になっている事に気付いてください。 条件付きの愛は相手に条件を突きつけて束縛する、一種の支配エネルギーです。 宗教、グル、チャネリングなどが存在しますが、スピリチャルの教えの9割超はこの枠組みです。(引用)

とありました、コレを読んで確かにスピリチュアルの教えの9割超はこの枠組みだなと思ったのですが。また彼が言うに、「一人残らず全員が5次元に行く」と言っております。よくスピリチュアルでは3Dに残る者もいると言いますが、そういった考え方はこの「偽の光」なのでは?

補足3D=三次元・アセンションの過程で3Dに残る者が表れるという考え方に対する質問です。

閲覧数:
551
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oku********さん

2011/5/316:49:09

まぁ、どっちでも良いってことね。
好きに生きなさいってことね。

アバター

質問した人からのコメント

2011/5/3 19:25:05

成功 そうですね楽しく生きましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる