ここから本文です

古い種の発芽率を知りたい。

teruchan_moriさん

2011/5/603:32:05

古い種の発芽率を知りたい。


先日、知り合いから、かなり多量の野菜の種をもらいました。タダでくれたのには理由があります。いずれの種も古いのです。
古い種は発芽率が落ちることは知っています。でも、まだそれほど古いわけではなく、たくさん蒔けば、率は低いものの、多少は発芽して生育するのではないかと期待しています。
以下のような種があります。どの程度の発芽率が期待できるでしょうか? 発芽後の生育不良もあるとは思いますが、それは覚悟の上です。ダメ元で家庭菜園の一部に植えてみようかと思っています。

○耐病総太り大根 1997年(タキイ) ──さすがにこれはもうムリか……。
○つばさきゅうり H18年(アタリヤ)
○ストロングほうれん草 H18年(アタリヤ)
○野崎白菜 2006年 (アタリヤ)
○黄タマネギ H18年(アタリヤ)
○夏蒔鮮紅(ニンジン)H18年(タキイ)
○五寸人参 H18年(アタリヤ)
○サンライトほうれん草 H18年(アタリヤ)
○ピーターコーン(とうもろこし) H18年(アタリヤ)
○時なし1号甘藍(キャベツ) H18年(アタリヤ)
○白首夏大根 H18年(アタリヤ)
○時なし大根 H18年(アタリヤ)
○ときわ地這キュウリ H19年(ダイソー)

以上です。できるだけくわしい情報を希望します。

補足ご回答ありがとうございます。
その種は実は2年前にその知人がまた別の人からもらい、それを使わないので今年になって私がもらい受けたわけで、知人に責任はありません。また、ここに書いた以外にも全部で100袋ほどあります。そのまま捨てるのは惜しいです。
なお、明日から発芽試験をしてみるつもりですが、冷凍保存に興味があります。-18度での保存とありますが、急速冷凍のない普通の冷蔵庫の冷凍庫で良いのでしょうか?

閲覧数:
18,941
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tanetsuriさん

編集あり2011/5/808:30:36

総体的にいえば、冷凍ならすべて発芽、冷蔵では発芽率が落ちかかっている種類が多い、室温保存では発芽しない種子が多いです。
発芽率は、落ちる際は一気に落ちます。
冷蔵、室温保存なら、落ちる途中にあるので、発芽率推定が困難です。
したがって、このご質問の回答は、自分で発芽試験をしてみることで、タネ自身に答えてもらうのが確実です。
発芽率は、ポットに10粒ずつ播いてみれば、10日で分かります。
発芽勢の良い種子をいまからでも冷凍しておけば、半永久的に使えます。
保存方法については、次に記しました。
http://homepage2.nifty.com/tane-tak/fmsg/seedstoring.htm
補足について
>急速冷凍のない普通の冷蔵庫の冷凍庫で良いのでしょうか?
大丈夫です。冷蔵庫と一体になった冷凍庫を使っています。
急速でない方がむしろ、種子に与えるストレスが少なくて良いのでは、とも思います。
冷蔵庫内の製氷室ではだめです。
播かないでする発芽試験方法については、今週中に写真ページをアップします。
概略は
イチゴパックなどにペーパータオルを敷いて十分湿らします。
表面に種子を並べます。
霧吹きで種子を濡らします。
ペーパータオルで覆い、霧吹きで湿らせます。
同じ形のイチゴパックなどで底を下にして覆います。
日が当らない明るい室内に置きます。
毎日朝晩に開いて観察します。
かびた種子は死んでいるので捨てます。カビなければ生きています。休眠が深いだけで。
湿りが不足しないように霧を吹きます。
発根が見られれば、これを発芽といいます。
地上に双葉等が出てくるのは、出芽といいます。
☆YuukisaikaTanetsugi☆Suginami*TOKYO☆
http://homepage2.nifty.com/tane-tak/

質問した人からのコメント

2011/5/10 14:32:42

みなさんご回答ありがとうございました。中でも、懇切丁寧に教えてくださった、tanetsuriさんのご回答をBAとさせていただきました。本当は発芽試験の結果まで伝えたかったのですが、日数が足りません。またの機会に書き込みたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

goto_mo3さん

2011/5/609:00:10

発芽の可能性がなくなった種を、それでもいくらかは発芽するかもしれ・・・と自分で捨てる勇気がなく、処分を任せるように人にあげるというのは、まったく失礼な話です。

1~2年古種ならともかく、そこまで古いものは自分で捨てるべきもので、よこした人の人間性を疑います。
あなたもそんなものはもらってありがたがるのではなく、つき返すべきだったのでしょう。

仮に数パーセント発芽するものがあったとしても、そこまでコケにされて与えられたタネなど捨ててしまって、プライドを守りましょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2011/5/808:34:34

常温保存ならほとんどの物が発芽は無理かと思います。
冷蔵庫保存は5年と言われますがキャベツは5年経過したものでもほとんど100%近い発芽率でした。
ホウレンソウや玉ねぎは特に発芽率が悪く駄目だと思います。
その様な古いものは使う人がいないので分からないですからご自分でお試しください。
★冷凍庫保存の場合は家庭の冷凍庫で10年と言われています。

txr002_2さん

編集あり2011/5/802:16:13

保存状態で全く違います。それこそやってみないとわかりません。
密閉した容器に乾燥剤を入れ冷蔵庫で保管していたのなら問題のない発芽率だと思います。逆に種の袋のままそこら辺に放り出されていたのならかなり落ちているでしょう。
また植物によっても発芽率は違います。その中ではタマネギ、にんじん、トウモロコシが発芽率が落ちやすいので発芽の早いトウモロコシを一度テストして見てはどうでしょう。タマネギやにんじんは普通に発芽させるだけでも10日くらいはかかります。

実はうちも古い種を見つけたので今一番古い1996年のものを発芽するかテスト中です。

種まき専用土を使って数粒ずつ蒔いてみて芽が出るかどうかやってみるしかないですね。

補足
別の方の紹介しているページにかなり詳しく書かれていますのでそれの補足を。
家庭用の冷蔵庫で十分です。
ビニール袋にもいろいろ種類があります。いわゆる市販のビニール袋は意外と酸素や水分を通します。スーパーのレジにあるぺらぺらの袋(強化フィルム製)も水が漏れなくても水分を通過させるので長期間の保存には向きません。できれば金属製かガラスの瓶がいいのですが冷蔵庫の中で邪魔ですので、高機能の袋を使った方がいいです。レトルト食品や賞味期限が1年以上の食品が入っていた袋はにおいや酸素、水分を全く通さない特殊な素材と加工でできていますのでそれをとっておいて使うといいです。できれば袋は熱で密閉できる機械があるのでそれを使い乾燥剤とともに入れておきます。できればよく食品に一緒に入っているエージレス(脱酸素剤)も一緒に入れておくとさらに種子の寿命が延びます。

発芽試験に関して
清潔な培養土(脱脂綿や紙でもいいですが)を適度にしめらせて種を蒔き、乾かないように常温でおけば発芽しますが、いくつか注意点があります。
不潔なものや元々種子に雑菌がついていると、そのために発芽しない場合があります。
先にも書いたのですが、発芽に非常に長い時間がかかるものや、一定の温度以上ないと発芽しないものもあります。また、光が当たらないと発芽しない(レタスなど)もありますので発芽の条件を調べてから試験してください。
大根などの種では、たとえ種子が死んでいても種が水を吸うことで一見発芽したように見えることもあります。根が1センチ以上伸びることを確認してください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。