ここから本文です

おねえ僧侶 水無さんは 阿闍梨(あじゃり)という格の高い僧侶だそうですが

sar********さん

2011/5/1219:13:16

おねえ僧侶 水無さんは
阿闍梨(あじゃり)という格の高い僧侶だそうですが

僧侶の中でどのくらいの位置付けなのでしょうか?
また、あじゃりになるには
どのような経緯(修行)を辿るのですか?

閲覧数:
26,983
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

buz********さん

2011/5/1223:25:37

天台宗で阿闍梨といえばまさに命がけの修行(千日回峰行)を満行した「生き仏」ですが(現在数人しかいません)
真言宗では、そこらの住職も「阿闍梨」の位は持ってます。ですからすごく偉いというのは天台のほうでしょう。医者がみても普通は死んでしまう「不眠 断食 断水」の修行を乗り越えてらっしゃいます。満行を終えると京都御所で天皇へのお加持をする儀式があります。その後、内々で天皇陛下より労いのお言葉を賜れます。

質問した人からのコメント

2011/5/19 10:20:23

天台宗と真言宗では、全然違うのですね。
皆さま、どうもありがとうございました。

「阿闍梨とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

candy712さん

2011/5/1219:35:03

阿闍梨
密教においては大日如来等の諸仏を指すことがあるが、一般には衆僧の模範となるべき高位の僧侶の称号で日本では天台宗および真言宗において高貴な身分の僧や天皇の関わる儀式において修法を行う僧に特に与えられる職位である。

阿闍梨は次のような者がある。
教授阿闍梨:法を教授する。
伝法阿闍梨(でんぽうあじゃり):伝法(術・経文など維持発展に必要な総ての要素)の灌頂を受けた者がなる。
七高山阿闍梨(しちこうざんあじゃり):比叡山・伊吹山・愛宕山など特に朝廷から指定を受けて五穀豊穣を祈る儀式を行う寺院において祈願の勅命を与えられて導師を務める者がなる。
一身阿闍梨(いっしんあじゃり):皇族や摂関家の子弟から仏門に入り、貴種のゆえをもって若いうちに阿闍梨の称号を許された者がなる。
また、伝法阿闍梨のうち特に徳の高いものを大阿闍梨(だいあじゃり)といった。

僧侶の位
大僧正、権大僧正、僧正、大僧都、権大僧都、少僧都、権少僧都、大律師、律師、権律師のような通常の位と、阿闍梨はことなる。本来、阿闍梨は千日回峰行を完成させたものに贈られる。

ken********さん

編集あり2011/5/1219:40:58

真言宗の僧侶になるには四度の修行を終えてから伝法灌頂を受けて僧侶になります。

真言宗では伝法灌頂というものを受けたらみな阿闍梨になります。
ですので基本的にすべての僧侶が阿闍梨といっていいでしょう。

格の高い僧侶かどうかは???

下記サイトで「高野山の専従院へ行けばいいよ。一~二年ぐらいで阿闍梨でなれる。」学校のようなものです

http://blog.livedoor.jp/taihei0440/tag/%E9%AB%98%E9%87%8E%E5%B1%B1

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる