「タタールのくびき」について、 なぜ長年支配され続けていたのかがわかりません。 それほど弱い国でもないだろうに・・・。

「タタールのくびき」について、 なぜ長年支配され続けていたのかがわかりません。 それほど弱い国でもないだろうに・・・。

世界史450閲覧

ベストアンサー

1

モンゴル人の支配は、ロシア人の一挙手一投足を指図するような緻密なものではなく、ロシア人の現地支配体制を維持したまま貢納さえ怠らなければかなり自由を認める間接支配だったことが大きいです。なのでモンゴル軍の実力がそれぞれの現地支配者を守れる程度に強かった間は支配が続いたわけです。 また、当時のロシアは現代のような大国ではなく、「ロシア」というひとまとまりの国ですらありませんでした。なのでまとまって抵抗するということも出来なかったのです。 むしろ、モンゴル人支配者にひいきにされたモスクワの支配者が中心となって、モンゴル人支配下で現代の「ロシア」の原型となる国の形成が進んだのです。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりました。 回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/5/26 14:20

その他の回答(1件)

0

基本的にロシア人は農耕民族でした。騎馬民族には軍事的にはかないません。タタールを越える武器を含む一大文明科学の革新がないと勝のは難しいでしょう。旧ソ連や現ロシアの認識で当時のロシアを考えるとそこに誤りが出来ます。