ここから本文です

飛行機のエンジン部分に鋼鉄製の網をつければバードストライクを回避できると素人...

kah********さん

2011/5/2216:01:32

飛行機のエンジン部分に鋼鉄製の網をつければバードストライクを回避できると素人の自分を含め多くの人が考えていると思うのですが、何が問題でエンジン部分に網を付けれないんですか?

閲覧数:
1,492
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

2011/5/2216:57:01

金網などに鳥等がぶつかりますと、たしかに吸い込まなくはなりますけど今度は吸気口を塞ぐ形になりますのでエンジンの出力が低下してしまいます。また、金網自体が吸気能力を低下させる原因になります。
ジェットエンジンの吸気口の吸込み力半端ではなく、過去には空の航空コンテナを吸い込んでしまったという珍事も発生しています。

それならば、1羽や2羽くらい吸い込んでもすぐには壊れないようにする方がまだましという考えです。

「バードストライク 網」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

md1********さん

2011/5/2314:01:00

整備がめんどくさい

空気の流れが悪くなる。

もしも吸い込んだら、大惨事

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

maz********さん

2011/5/2301:49:43

おっしゃる通り、多くの人が考えています。
知恵袋の過去質問に何度も出ているので検索してください。

sn_********さん

2011/5/2219:32:13

飛行機と鳥が衝突ってことは、鳥から見ると、飛行機のスピードでワイヤーがぶつかってくるのと同じですよ。
細いワイヤーを生物の肉体に音速近いスピードでぶつけたら、簡単に切断されるか粉砕されるかです。
生物の肉体は、それほど大きな強度は持ちません。
結局、エンジン内に吸い込まれるだけで、何の効果もありませんね。

仮に鳥が吸い込まれないとしても、今度はその鳥が空気取り入れ口を塞ぐことになります。
それはそれで、エンジン出力が低下するので危険。
まして、鳥が一番危険なのは、高空ではなく、空港近くの低空。
水平飛行するような高度はそもそも鳥なんて飛んでない高さですからね。
低空は上昇中であれ、降下中であれ、エンジン出力と翼の揚力がぎりぎりに近い状態ですから、少しでもエンジン出力が下がるのは危険です。

何もない時には金網自体が障害物になりますし、吸い込む力が強いため、金網自体を吸い込んでしまうリスクがあります。
鳥を防ぐ効果が殆ど期待できない上に、金網自体が障害になりかねない。
金網自体で流入空気量が下がることより、金網があることで、エンジンに流入する空気の気流が乱れることのが問題なのでしょう。

仮に金網付きエンジンが出たとして、空気の流入を妨げることになるので、同等サイズの飛行機であれば、その分長い滑走路が必要になるでしょう。
エンジンの吸気側にそのようなことをするのは、軍用機なら考えられますが、少なくとも今の技術では、民間機ではまず考えられませんね。
軍用機の場合は、バードストライクではなく、レーダー反射を防ぐ「ステルス性能」のためですが。

hid********さん

2011/5/2218:15:26

鳥がぶつかった衝撃で金網が壊れて破片がエンジンの中に入ったらそれこそ一大事です。

yuj********さん

2011/5/2218:09:54

バードストライクで問題なのはキャノピー部分です。
鳥が飛び込んだくらいではエンジンはなんともありませんよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる