ここから本文です

死にたいと思い続けながら生きている人と本当に自殺してしまう人って根本的に悩み...

h27********さん

2011/5/2509:31:15

死にたいと思い続けながら生きている人と本当に自殺してしまう人って根本的に悩みのレベルが違うのでしょうか?
それとも元々の性格が違ったりするのでしょうか?

閲覧数:
13,243
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ruk********さん

2011/5/2510:50:44

死にたいと思い続けながら生きている人って、何か決定的な物がある気がします。
仕事だったり家族だったり、負債だったり。

本当に自殺してしまう人は、それはぷっつり途切れてしまったり、
もう背負いきれなくなってしまったり、どうでもよくなってしまったり。

悩みのレベルではないと思いますけど、
性格の違いは関係しているかもしれませんね。

質問した人からのコメント

2011/5/26 07:17:52

でも自殺が後を絶たないのはやっぱり性格が弱い人が多いのかなぁと感じてしまいます。
皆様回答ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a_w********さん

2011/5/2512:35:57

普通の状態の人と、病人の違いです。
自殺をする時は瞬間的でさえうつ状態です。
病気なので、同じ悩みを健常な時のようにとらえるが出来ません。
発作的な行動をとったりもします。
その時の脳の状態に問題が発生していると思います。
ですから、性格が弱いというわけではないです。
ストレスで胃が自分を溶かすように、脳内物質の変化で突発的な自虐行為に出る、
それが自殺です。

pin********さん

2011/5/2511:00:35

自殺なんて何があってもできないわ、という健全な精神の人は、
自殺する人は「強固な決意をもって、ものすごい覚悟を持って自ら死ぬ。この世から消える覚悟をしている」と考えがちですが、本当は違います。
自殺は発作的にやっちゃったというケースが多いです。
自殺してしまった人でも、もしもう一度同じ場面にいたら、その時は思いとどまる可能性が高い、ということはよくありますし
死にたいと思い続けながら生きている人と自殺したひとの間には、精神状態には、それほどの違いがないのです。
まさに実行したかしていないか、それだけです。

なので死にたいと思い続けながら生きている人も、いつかもう駄目って瞬間的に思ってしまうことがあれば、勿論実行してしまう可能性はあります。

自殺は熟慮の末に導き出した結論ではなく、その時の刹那的な感情や判断なのです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

guy********さん

2011/5/2510:19:01

いくつもの理由があるでしょうね。

たとえば自分で自分を励ませなかった。周囲からの励ましも大切ですが、結局は自分で自分を励ますしかないのでは?

それと情報不足。自殺のカルマは、たとえば来世で「余命三カ月の花嫁」「10代で白血病死」となり、「命の大切さ」を強制的に学ぶことになるから。そのことを知っていれば、死んで「(カルマ的な)借金帳消し」「無」にはならないことを知っていれば、自殺しなかったのでは?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる