ここから本文です

詩人 金子みすずさんの元ご主人は離婚後 どのような人生を歩まれたのでしょうか。

tui********さん

2011/5/2619:51:07

詩人 金子みすずさんの元ご主人は離婚後 どのような人生を歩まれたのでしょうか。

時代故の悲劇であったと思います。
元ご主人を責める分けではありません。
上村ふさえさんと仰るお嬢様がご健在を知りほっとしました。
ご主人のその後を御存知なかた どうぞお教えくださいませ。

閲覧数:
34,536
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

編集あり2011/5/3012:17:31

みすゞさんの死後、7年経って昭和12年に再婚。幸せに暮らしたようです。娘さんも、昭和22年頃から一時期、一緒に暮らしていました。

娘さんは、お父様のことを恨んでいません。
私も、その時代の男女の在り方。
母親を早くに亡くし、折り合いの悪い継母に育てられた宮本氏が、女性として求める姿がみすゞさんではなかったことが、お互いの不幸を招いたと思っています。

素晴らしい感性を持つ女流詩人、同じ趣味の人達から舞い込む手紙。
そろばんを弾く自分との違いから、詩作を禁じたのだろうと思います。

午前中に、娘さんに連絡を取ろうとしましたが、お留守でした。恐らくこれ以上のお話は出てこないかな、とも思い、かけ直すのは控えさせて頂きました。

質問した人からのコメント

2011/6/2 19:04:55

降参 shirosumire73さん お教えくださって本当にありがとうございます。ご主人の側から見たら確かに仰るとおりですね。一所懸命な事を理解し合えないと言うのはどちらも辛いのですから。娘さんがお父様を恨んではいないのなら みすず様もきっとそうですね。お教えくださって本当にありがとうございました。ほっと幸せな気持ちです。みすず様の詩で沢山の愛を学ばせていただいております。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる