ここから本文です

インクジェットプリンターの寿命って、どの程度なのでしょうか?

uto********さん

2011/5/2804:12:54

インクジェットプリンターの寿命って、どの程度なのでしょうか?

閲覧数:
87,266
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

a12********さん

2011/5/2813:04:31

プリンタの修理屋です。

寿命というものをどのように考えるかですけど、現実的には使用者の「飽き」のほうがはるかに早く、その口実として「寿命」という言葉を使うことが多いですね。
ただし、そういった消費者動向、本体の低価格化で、機械の問題とは別のところで寿命というものが設定されてしまっているのが今のプリンタです。

どのような機械であっても、必ず故障はあるわけですし、故障した場合はその部分を修理すれば長く使えます。
建物とか大きな施設などで”寿命”という場合は、交換したり補修したり出来ないフレームのようなところが劣化してきている場合、底の破損で大きな被害が予想されるということです。

プリンタも、交換出来ない部品はありますが、通常の使い方では壊れっこない部品がほとんどです。
メインの金属フレームなどはそうなのですけど、それが変形するというのは落下などの場合ですから、今回の議論からは外れますね。


一応、設計上の基準としては(公開されているわけではありませんけど)普通の機種では5年/10,000~20,000ページ程度、安い機種では3年/3,000~8,000ページ程度と思われます。
この程度使うと、ヘッドが劣化してインクを噴射しなくなる可能性が高かったり、擦れる部分(軸受けとか、スライドガイド)が磨耗して精度が落ちてきて、規定どおりの印刷が行えなくなるということです。

ヘッドに関しては「部品の寿命」という言葉を使ってよいでしょうね。でもプリンタ本体としてはヘッドという部品を交換すれば継続して使用できます。
印字の制度ですが、これはメーカーの設計上の精度の基準のことで、普通のユーザーが肉眼で見て「画像がおかしい」と感じるのはこの2倍程度と思われます。
過去の実績ですけど、累計で15万ページ程度印刷された方がいました。
機種はPIXUS iP4200。
インクはすべて純正品との事。

面白いことですけど、これだけ使われていると、逆に結構調子もよく、廃インク吸収体も2回交換しただけです。

お客さんはどうしても急ぎで印刷しなければいけないポスターなどがあるようで、さらに画質の問題でインクジェットでなければいけないとか。
コストも含めて納得ずくの仕事のようです。



さて、前置きが長くなりましたが、最初に書いたとおり、現在のプリンタは機械の状況とはまったく関係ない部分で「寿命」が出来てしまいました。

最大のものはメーカーのサポート期限です。
本体の低価格化の進行とともに、国の指導も緩んだようで、2004年以降の機種は生産終了後5年でサポートが終わります。
サポートが終わっても、部品の在庫が残っているばあいは、その部分の修理は細々と続いたのですが、リーマンショック以降はサポート終了とともに部品の出荷は停止し、部品も処分されてしまうようです。
メーカーも、いらない在庫を減らさなければ経費が苦しいということなのでしょう。

したがって、現在は発売から5年半程度で修理する事が出来なくなり、それ以降に故障した時点が寿命といわざるを得なくなりました。
メーカーが在庫部品を処分してしまうことには反論される方も多いでしょうけど、修理件数が激減していますので仕方ないことです。


また、最初から部品交換の修理はせずに、故障したときは現品交換で対応する商品もあります。
こういう商品もメーカーがサポートを打ち切ると、どうしようも無くなるのですけど、別に特殊な事情があります。

キヤノンのiP2700、MP280などがそうなのですけど、
価格.comによれば、iP2700 は 最安4,079円、MP280は最安6,659円。

修理代は、iP2700 が5,250円、MP280 が7,350円。当然送料などは別途かかります。


異常な安売りの問題はあるのですけど、
メーカーの直販でも、iP2700 は 7,980円、MP280 は8,980円。


価格差を考えれば、このクラス等は「保証が切れたら寿命」、「保証が残っていても、インクが切れたら寿命」なんていう乱暴な考え方も成立します。
何しろ、iP2700 はインクを買うよりも安いのですから(付いてくるインクは一緒。箱などが無いだけ)

質問した人からのコメント

2011/5/29 20:46:53

驚く みなさまありがとうございました、
3年目途って感じですかね

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mas********さん

2011/5/2810:35:16

どの程度の故障で、寿命と考えるかでも変わってきます。

私が現在使っている、エプソンのインクジェット複合機(PM-A890)は今年で、6年目に入りました。
当時、前面からCD-R挿入してディスクプリントできる機種として話題になりましたが、
発売直後から、最初からCDRプリント機能が壊れていて、更に修理センター以外では正常プリント出来ないと
話題になったいわく付きの機種です。

が、他の機能は6年経った今も健在です。
CDRプリントのように、無くてもよい機能が壊れていた所で、問題はありません。
白黒プリントしかされない方でしたら、カラーのノズルが壊れても寿命ではないと思います。

あとは、使用経過と、メンテナンス次第かと思います。
インクノズルは定期的に使用しないと、後からいくらクリーニングした所でマシにはなっても初期状態には戻りません。
長く使われる機種を買われるようでしら、自己メンテナンス性と、アフターサービスに強いメーカーを選択した方がよいと思います。兼価版を買われるのでしたら、必要な機能が壊れたら買い替える感覚で良いかと思います。

業務用のインクジェットはメーカーサポート期間が長いですし、機能が限定的なので、家庭用ほどは壊れにくいです。
ま、所詮インクジェットの殆どは家庭用ですので、2,3年後や4,5年後に用途が変わるかもしれませんし、新たな欲しい機種が出てくるかと思いますので、それほど寿命に悩む必要も無いかと私は思います。

余談
むしろ私は、PM-A890の寿命の長さに悩んでいます。
欲しい機種 HP B110A があるのですが、PM-A890が健在で捨てる(リユース)気になれず歯がゆい気分です。

そういえばっ!私が大学生の頃にバイト代貯めて買った、キャノンの550iが実働状態で実家にまだあります。
近頃の、プリンターは基本、"超"寿命です。

高校生の頃に親父が買ってきた、HP DESKJET 694c はさすがに、5年前壊れて電源すら入らなくなりました。
これは、15年前の物です。

文章長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。

どの程度の故障で、寿命と考えるかでも変わってきます。...

プロフィール画像

カテゴリマスター

asg********さん

2011/5/2804:20:51

使い方次第じゃないですか?もしくは、対応インクが製造中止になったときとか。

今まで5台ほど壊しましたが(笑)、週に2~3回使って、3年ぐらいですね。
だいたい、3年ほど使っていると、紙つまりしやすくなるので、無理になおそうとして、かえって、悪くして廃棄・・・というパターンです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる