ここから本文です

チエーンが切れてしまったとき、ミッシングリンクなどの接続パーツがあれば、チェーンカッターなど無くても...

yut********さん

2011/5/3121:28:10

チエーンが切れてしまったとき、ミッシングリンクなどの接続パーツがあれば、チェーンカッターなど無くても 接続出来ますか、
また、ロングライドのとき、チェーンカッターや接続コマなど 携帯されますか。

閲覧数:
3,187
回答数:
10
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eeo********さん

編集あり2011/5/3122:38:30

>チエーンが切れてしまったとき、ミッシングリンクなどの接続パーツがあれば、チェーンカッターなど無くても 接続出来ますか、

その場合、チェーン切りは必要ですね。

>また、ロングライドのとき、チェーンカッターや接続コマなど 携帯されますか。

日頃メンテやチェックしていれば、事前に交換すれば良く・・・日帰りイベントでチェーン切りや接続駒を持ち歩く必要は有りません。
持っている人が居たら、大変珍しいと思いますよ。
(常備しているなら、反対に日頃点検すらしていないと云う事ですね・・・万全を期すなら予備の自転車も持ち歩くべきです)

質問した人からのコメント

2011/6/1 21:11:26

的確な回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aaa********さん

2011/6/107:20:28

おそらくミッシングリンクがどんなものか理解していないのでしょうね。ミッシングリンクは通常の接続部分一か所を任意でつけたり、外せるようにするパーツです。チェーンが切れるということは接続部分が壊れてしまうということです。全く別ですよ。
まあこんな説明をしなくたって、写真でも見れば誰でも分かると思いますが・・・

rot********さん

2011/6/101:31:15

・ ミッシングリンクを使用するには最低でもチェーンを1コマ分外す必要があるので、チェーン切断時の修理には使えない。

・ チェーンカッターはかさばるので持ち歩かない。
チェーンはめったに切れない。というか普段からきちんとメンテをして早めの交換を心がければチェーンでのトラブルはまず無い。そこまでしても転倒や接触でチェーンが切れたりすることはあるが、そのような場合はタクシーに詰め込んで帰るか、家族に迎えに来てもらう。

var********さん

2011/5/3122:50:08

チェーンカッターや予備の接続コマやアンプルピンは、
ロングライドどころか常時サドルバッグの一角に入れてます。
チェーンの一部が壊れても応急的に短くして繋ぎ直せば、
取りあえず走ることはできますからね。
ところがミッシングリンクのみだと応急修理は難しい。
分解整備を多少やりやすくする程度と割り切ってます。

a6a********さん

2011/5/3122:29:12

チェーンカッターは必須です。
それと、回答者さんにロングライドで持ってないとかいう人も入ますけど、自分らのグループは皆持ってますよ。
あらゆることを想定しないとダメですから。
大勢でのツーリングでは、コマも8速~11速まで持ってますよ。 ミッシングも8~10速まで常備しています。

sam********さん

2011/5/3122:11:57

通常ではチェーンが切れる事はまずあり得ません。
事故る確率よりも低いのでは無いでしょうか?

なのでミッシングリンクも持ち歩いていません。

以前、ツーリング中に仲間と接触してリヤディレイラーハンガーが折れた事がありました。
この時はカッターで駒を詰めて、シングルスピードにして帰った事がありましたが、カッターを持ってて助かりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる