ここから本文です

どうしてF1ドライバーやF1関係者、ジャーナリストはF1について大げさな表現をする...

maj********さん

2011/6/513:08:10

どうしてF1ドライバーやF1関係者、ジャーナリストはF1について大げさな表現をするのですか?

モナコで「壁まで数センチまで迫って」などといいますが、ウソですよね?

寄せる箇所でも30センチくらいはあけているし、ぎりぎりに見えるときでも15センチくらいは空いてますよ。

壁まで数センチまで迫っていたら、テレビで観た場合、壁にこすりながら走っているかのように見えるはずです。

だからウソですよ。あなた達もむかついているのではないですか?

閲覧数:
194
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kak********さん

2011/6/621:41:38

前回のモナコでウェバー本人が
可夢偉はガードレールに何度かあてて攻めて走っていたって
言っていたみたいですから嘘じゃないと思いますけど・・

質問した人からのコメント

2011/6/6 22:33:26

それは寄せたんじゃなくてミスしてあたったんじゃん。
今回はたまたま、うまくいっただけで、強く当てたらそれでリタイヤ。
ギリギリまで寄せて接触しないならうまいけど、接触しているならヘタクソってこと。
残念だったな

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

elp********さん

2011/6/603:18:28

ドライバーは壁に当てる気で行くぐらいでないとタイムが出ない
と言いますし、実際数cmどころか壁にタッチしたりしながら走ってますよ。
もちろん常にでは無くそういう時もあるってだけですが、
半分はドライバーの勇気を讃えているという意味でもあり、半分は
実際そのぐらい接近する事もあるという話です。

ガードレール下のちょっと盛り上がっている所に乗せて
曲がっている所なんかはタイヤ幅の何割かしか空いてない
場合もあるので、タイヤ幅30cm弱ってのから考えたら
そういう所は数cmも大げさとは言えないぐらい寄ってるでしょう。

youtubeにある87年セナのオンボード映像は見てみたら良いですよ、
何ヶ所か本当に当てる気で行ってるかと思うぐらいの
寄せが見られます。

sug********さん

2011/6/602:54:04

そう言えば、F1は音速で走れないのに「音速の〇××」とか言ってましたね。音速はジェット戦闘機か、ロケットでしょ。考えれば不思議???

hig********さん

2011/6/522:49:29

ジャーナリストが大げさな表現するのはF1に限ったことではないでしょう。
どの分野でも毎年『10年に一度の大物ルーキー』がうまれています。

cap********さん

2011/6/522:24:53

いやいや、そんな大げさでもないでしょう。
何年か前のF1速報の特集で、ミラボーのガードレールに誰が一番寄せて走る
事が出来ていたか?って検証をやっていました。
定点カメラで各マシンを撮影して、ガードレールとの距離を測定したそうですが
それこそ、ガードレールすれすれまで寄せて走ってたと思います。
1000分の1秒でもタイム短縮に繋がるんであれば、攻めるのはドライバーの
本能です。
まぁ、決勝でクルージング走行の場合はそうでもないんでしょうが。

srd********さん

2011/6/519:54:52

そういやセナは壁まで1センチ、2センチと言っていたwww

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる