ここから本文です

酸素と運動について

amm********さん

2011/6/703:30:03

酸素と運動について

酸素濃度が高い空間では人間の身体能力は高くなりますか!?

閲覧数:
702
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hif********さん

2011/6/709:22:31

酸素濃度が高い空間では、酸素を使ってのATPという細胞のエネルギー源が活発に作られますので、身体能力、とくに心肺機能を必要とする運動が向上することが考えられます。

通常大気に含まれる酸素は20%なので、1、2%上がると効果が見られるでしょうね。

しかし、25%程度の酸素濃度の空間に長い時間いると「酸素酔い」という現象が起こることがあります。
これは血液に溶けた酸素濃度があまりに上がってしまうと身体がその変化についていけず、脳が混乱して恒常性を保てなることが原因です。

25%を越えるような酸素濃度ではその症状はより強くなり、100%濃度だと一呼吸で意識を失うくらいだそうです。

酸素は人間にとって欠かせない必要なものですが、同時に毒にもなりうるというわけですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

wyd********さん

2011/6/713:53:51

赤血球は一定の酸素濃度で飽和状態に達します。酸素濃度が飽和するまでの区間では酸素の輸送は有利になりますが、運度能力の向上にはATP(アデノシン3リン酸)の供給も必要です。両者が揃って運動能力は向上します。運動能力は身体能力の一部として捉えました。酸素過剰は疾患の原因にもなります。

以上

pour:http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/ammistma

qasiqoti

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる