ここから本文です

労働保険料の仕訳について

o0qwerさん

2011/6/2414:55:02

労働保険料の仕訳について

私は6月末に初めて給与を支払う、個人事業主です。

先日、労働基準監督署に行って、
6月~来年3月までの概算労働保険料を
算出してもらい、
昨日、郵便局で払いました。


6月~来年3月までの給与賞与支払予定額
2,200,000円

労災保険料 6600円 (220万 ×1000分の3)

雇用保険料 事業主負担分 20900円 (220万 ×1000分の9.5)

雇用保険料 従業員負担分 13200円 (220万 ×1000分の6 )

概算労働保険料 40700円


私が行おうとしている仕訳は

≪保険料支払い時・・・6月23日≫

法定福利費(6月~24年3月 労災保険料) 6600円、、、、、、、、、、/ 現金 40700円
法定福利費(6月~24年3月 雇用保険料 事業主負担分) 20900円 /
預り金 (6月~24年3月 雇用保険料 従業員負担分) 13200円 /


≪給与支払い時・・・6月30日≫

給与 200000円 (6月分) / 現金 194180円
、、、、、、、、、、、、、、、 / 預り金 (従業員負担分 雇用保険料) 1200円
、、、、、、、、、、、、、、、/ 預り金 (所得税) 4620円



保険料の計算が合っているかどうかまでは
見てもらわなくて結構なので(申し訳ないので)

仕訳の勘定科目が合っているのか、
チェックをお願い致します。

閲覧数:
18,888
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mkyaromさん

2011/6/2415:28:25

≪保険料支払い時・・・6月23日≫

法定福利費(6月~24年3月 労災保険料) 6600円、、、、、、、、、、/ 現金 40700円
法定福利費(6月~24年3月 雇用保険料 事業主負担分) 20900円 /
預り金 (6月~24年3月 雇用保険料 従業員負担分) 13200円 /

ここは「立替金」じゃないですか?会社が従業員の分を立て替えてはらっているので・・・



≪給与支払い時・・・6月30日≫

給与 200000円 (6月分) / 現金 194180円
、、、、、、、、、、、、、、、 / 預り金 (従業員負担分 雇用保険料) 1200円
、、、、、、、、、、、、、、、/ 預り金 (所得税) 4620円

なので、この2行目雇用保険のところは立替金、所得税は預り金でOKです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

t_aso_jobさん

2011/6/2415:28:18

仕訳の仕方。

●先の方のように、支払った分も、預った分も法定福利費にする方法。この場合は
≪保険料支払い時・・・6月23日≫

法定福利費(6月~24年3月 労災保険料) 6600円、、、、、、、、、、/ 現金 40700円
法定福利費(6月~24年3月 雇用保険料 事業主負担分) 20900円 /
法定福利費(6月~24年3月 雇用保険料 従業員負担分) 13200円 /


≪給与支払い時・・・6月30日≫

給与 200000円 (6月分) / 現金 194180円
、、、、、、、、、、、、、、、 / 法定福利費 (従業員負担分 雇用保険料) 1200円
、、、、、、、、、、、、、、、/ 預り金 (所得税) 4620円

になります。通常はこちらで良いとおもいます。

頑張ってください。

osiete0206さん

2011/6/2415:03:13

保険料支払時も給与支払時も、従業員負担分も法定福利費で良いですよ。
労働保険は概算なので、預かり金で処理すると差額が出てくる可能性があります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。