ここから本文です

分配型ファンド選び方と手放し方。

kuh********さん

2011/6/2813:13:46

分配型ファンド選び方と手放し方。

年金生活(62歳)ですので、どうしても分配型ファンドを得では無いと聞いてますが選んでしまいます。
そこで、分配型ファンドを選ぶ場合どこを見定めて投資したら良いのか、又投資したファンドがどうゆう状態になるようなら手放したほうが良いのか教えてください。

閲覧数:
412
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

too********さん

編集あり2011/6/2917:06:39

>年金生活(62歳)ですので、どうしても分配型ファンドを得では無いと聞いてますが選んでしまいます。

年金生活である事は理由になりません。定期的に一定のお金を使いたいのであれば数ヶ月~数年分のお金を預金口座に用意しておき、継続的に投信(分配型ではないもの)を解約していった方が得な場合が多い筈です。

むしろ最早ご自身で多くは稼げないからこそ、合理的に運用をする事に心血を注ぐべきでしょう。

それでも分配型ファンドを選びたいのなら注意すべき点として2点挙げます。

1.リスク

要するに最悪どのくらいまで資産が目減りする事が耐えられるかです。もし銀行や証券会社から購入しているのであれば、担当者にその投信は最悪どの位損しうるのかパーセンテージで教えてくれと聞いて見ましょう。これに答えられないならその担当者から金融商品を買う事はやめたほうが無難です。

2.コスト

投信は基本的に儲かるかどうかつまるところ解らないものですが。コストに伴う損は絶対、確実にします。この損の程度に拘る事は極めて重要です。ちなみに対面型の販売窓口はほぼ例外なく高コストです。

>又投資したファンドがどうゆう状態になるようなら手放したほうが良いのか

そんなに深く運用に関わる気がないのなら一般にいわれる市場環境や、運用総額は大して気にする必要はないです。ここで儲けよう(あるいは損を減らそう)と思えばプロを含む他の市場参加者より優れた判断ができなければなりませんから一気にハードルが高くなります。

それ以外でいうと上のリスクやコストが自分の想定以上に高くなってはいないか、資産価格が許容限度よりも下がっていないかという所ですね。許容限度まで来たらキッパリ売却しましょう。

(追記)

>huehukidouzi64さん

>”分配金”は、減る事はあってもマイナスにはならないので、安定した収益源です。

事実ではありません。株の配当や債券のクーポンが対してついてもいないのに無理して分配金を払おうと思えば元本から蛸足で出すしかありません。そしてその分配金が特別分配金にならない場合、課税されるので分配されないで後に換金されるよりも複利効果が逓減し損です。

>実績を重視して決める事となります。特に問題が起こらない限り長期運用する事となるでしょう。

騰落の変動幅の大きさ(リスク)は過去の実績データとしての参考になる所は衆目の一致する所ですが過去のリターンは基本的にプロは当てにしません(これが当てになるなら誰でも勝ち馬に乗るだけで大もうけ出来る事になります)。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ir4wtksさん

2011/6/3020:45:45

手放すときは儲かったとき高いときです
銘柄は気分で選んで良いと思います
リスク量は投下した資本によるところが一番大きいと思います
天才的な運用など投資信託に千に三つもないと思います

hue********さん

編集あり2011/6/2913:11:45

回答のしなおしです(2011/6/29,13:10)。私の経験からでして、貴殿の参考になれば幸いです。

ご質問;分配型ファンドを選ぶ場合どこを見定めて投資したら良いのか、投資したファンドがどうゆう状態になるようなら手放したほうが良いのか、

回答;
私は投資を、元本を投資して利息を得る部分(分配金、投資)と、元本を売買して差益を稼ぐ部分(売買差益、投機)に分けて考えます。

まず”分配金”は、減る事はあってもマイナスにはならないので、安定した収益源です。商品を選ぶ場合、利率が高いに越した事はないのですが、信頼性・安定性を加味し、実績を重視して決める事となります。特に問題が起こらない限り長期運用する事となるでしょう。

次ぎに”売買差益”ですが、基準価格や為替が常に変動しており、明日どうなるか?誰もわかりません。結局、商品選択は過去のデータからご自身で判断・決断するしかないのです。
さらに運用段階でも日々の管理が必要で、適度に”利益確定売り”を行い、的確に”損切り”を行なうべきなのです。ここに”損得の分岐点がある”と私は見ています。しかしこの判断・決断もなかなか難しいのです。私はグラフ(基準価格・個別元本・\/US$、投資額・評価額・保有口数)を作って、毎日見ているのですが・・・

結局この投資の損得は”総合損益=分配金+売買損益”で評価されるでしょう。ーー以上ーー

~~~~~^
申し訳ありません。的外れの回答になってしまって・・・一旦取消し、再考します。失礼しました。2011/6/29、11:10、(以下、取消)

boo********さん

2011/6/2821:36:19

何かご自身で基準を決めたらいいと思います。いくらまで値下がりしたら、売り払う、とか。

選ぶ基準というのは、人それぞれだと思います。リスクの高い高分配ファンド、あまり値動きのないものがいい、とか。

ファンドの細かいコストとかも確かに大事ですが、やっぱり相場のタイミングが大事じゃないですかね?

今、保有の分配投信について、どういうファンドなのか?一度検討してみたらいいと思います。気づかなかったリスクが見えてくるかもしれません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる