ここから本文です

万年筆でツバメノートやライフノート等のフールス紙に書くと書き心地は良いのです...

let********さん

2011/6/2901:14:58

万年筆でツバメノートやライフノート等のフールス紙に書くと書き心地は良いのですが、滑ってしまうことがあります。万年筆が良くないの?書き方が良くない?インクが良くない?相性が良くない?

使用している万年筆は、ペリカン・スーベレーンM400のウォーターマン・メトロポリタンのFニブやMニブです。筆記角度は、ペン先への影響を考え、寝かせて書いてます。おそらく30度ぐらいでしょうか。MDノートやモレスキンではそのような現象はありません。ほぼ日手帳は、たまに同様の事が起こります。インクはウォーターマンのブルーブラック、エーデルシュタインのアベンチュリン、モンブランのミステリーブラックをよく使います。ご回答を宜しくお願い致します。

閲覧数:
5,415
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2011/6/2909:12:45

質問文を拝読し、感じたことを率直に下記します。

ペン先が滑ってしまう原因は、「フールス紙」にあるのではなく、貴方の「筆記癖」にあるのだと思います。
本来フールス紙は、印刷用紙と異なりインク吸収もよく、「書くための紙」などとも称されます。

質問文を読んで、先ず初めに感じたのは、「ペンを寝かせ過ぎている」と言うことです。

万年筆筆記に適した紙とペンが作る角度は、50~60度と言われます。
ペンポイントの削り方にも因るのですが、恐らくペン先を寝かせ過ぎることで、ペンポイントの先端が浮き上がっている…。

同時に、右に傾けすぎていたり、左に傾けすぎていた場合にも、ペン先側面形状によっては、紙との接地が少なくなって滑ってしまう…。

但し、これはご自身で筆記時の紙との角度や、左右の傾斜などを再チェックして頂くか、クリニックなどを利用して、専門家にチェック願うしか方法はありません。

ペリカンとウォーターマンでは、ペン先の研ぎ方が異なります。
ご使用になっているインクも、別段滑りやすいという様なインクではありません。
したがって、「ペンの持ち方」が悪く、紙との角度や傾斜のさせ方によって、質問文にある現象が起きているのだと思います。

「モレスキン」では生じない…というのは、あくまでも私の推測ですが、モレスキンは紙が薄く、しかも筆記時に紙が沈み込む感じを受けます。それが作用して、結果的にペン先との摩擦が大きくなるために滑らない…。
そのように考えます。

私は、複数のペリカンやウォーターマンの万年筆を所有しており、ツバメやLIFE(これは現在も使用)も使用経験があります。
しかし、質問文にあるような現象が起きません。
このことからも、私と貴方の違い→持ち方の違い(筆圧の違いを含めて)による原因というのが、可能性が高いと思います。

一度ペン先角度を立てて、紙との角度が55度(50~60度)位にして筆記してみて下さい。
改善が見られるのではないかと思います。

以上ご参考下さい!!

質問した人からのコメント

2011/7/3 08:03:50

ご回答ありがとうございます。やはり筆記角度ですか。元々筆圧が強い方なので、それを抑えるために寝かせて書いていました。自分自身の書き癖をよく見てみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fur********さん

2011/6/2913:08:07

lovenoricさんの回答に補足
(あくまで”付け足し”です)

ツバメノートに使われているフールス紙は密度がそれほど高くないため、柔らかいのです。
そのことも影響しているのではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる