ここから本文です

次の問題の解説をお願いします。

acr********さん

2011/7/115:40:22

次の問題の解説をお願いします。

物理的診断法に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
a 超音波診断法では、ヒトの可聴域の上限を超える周波数をもつ音波が使用される。
b MRI (Magnetic Resonance Imaging) 法では非侵襲的に体内を描画することができる。
c CT (Computed Tomography)スキャン法には遠赤外線が使用される。
d ファイバースコープ法に用いる光学ファイバーは、光の全反射ではなく、屈折光を利用している。
e X線造影法の実施にあたって、人体に対する放射線の影響を考慮する必要は全くない。

1(a,b) 2(a,e) 3(b,d)
4(b,e) 5(c,d) 6(c,e)
解答1

閲覧数:
460
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sev********さん

2011/7/116:15:53

答は(a,b)です

cは遠赤外線ではなくX線を用います

dは全反射を用います

eはX線は放射線の影響があります

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる