ここから本文です

「利休にたずねよ」(山本兼一著)です。

miz********さん

2011/7/120:11:52

「利休にたずねよ」(山本兼一著)です。

千利休の美意識に感応出来なければ楽しめない小説なの
でしょうか?

利休が生きた時代や歴史上に実在する人物などの絡みなど
をとっぱらって(夾雑物をなくして)
主眼は利休の生き方そのものが(人との邂逅や事象が)利休
唯一無二の茶道を構築していった、事柄をスケッチ風に書き
上げ(軽いという印象が強い)

そして・・・。
若い時分の高麗人の姫(利休の美の具現化)と殉じることが
出来なかったトラウマが、余生の飽くことない“美”への追求の
原動力になり、それが晩年の秀吉との確執を生んだ・・・。
と、いうような解釈を本作品に対して感じたわけですが・・・。

いかんせん判りづらい。
利休の美の真髄を文章として捉えた筆者の力量は認めますが
小説の構成としてはどうでしょう?
直木賞作品(エンターティメント)としては受賞に価するのでっか?
と、不遜な想いに駆られるのですが、直木賞選考委員の評価は
どうだったのか?
読まれた方、のご意見を教えて下さい。

「火天の城」はどうでした?

補足tetsujinmusashiさん。
リンク先ありがとうございました。選考委員の評価は概ね良くて
宮部女史・井上ひさしなど絶賛?している中で、渡辺淳一が
不満を陳べているのが可笑しい。
衒学主義というかペダンチックというか、惑溺しすぎる感じがした。
利休そのものがその美に飲み込まれていて、魅力がない気がし
てなぁ~。

tetsujinmusashiさんは読了されました?
どうでした?

閲覧数:
1,174
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tet********さん

編集あり2011/7/716:20:37

直木賞選考委員の評価のあらましです。

http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun140YK.htm

つい3日ほど前、あるサイトでこの本が推奨されていたので、買って読み始めたばかりです。従いまして、まだ具体的な批評はできませんが、内容に深みは感じられないように思いました。歴史小説としてより、時代小説として読めばいいのでしょうね。

補足

やっと読み終わりました。読後感は、小説の中の言葉を借りると、「風情はあるが、こころをさわさわと波立たせるものがない。」といったところでしょうか。物語性を期待していただけに、何か物足りなかったですね。小説仕立てのエピソード集というイメージでした。過去にさかのぼる構成は、作者の趣向と思われますが、それぞれのエピソードが独立していて、その中に、主題であるはずの高麗の女人の存在を軽く見え隠れさせるだけなので、その先をどんどん読んでみたいという強烈な感情が湧きおこらなかったです。

利休のあくなき美への執着について、もっと深くせまったほうが、読み物としても奥深さが出たのではないかと思いましたが。。。あっさりしすぎているきらいがあったのではないか・・・。


なお、著者の直木賞受賞後のインタビュー記事がありました。

http://allatanys.jp/S001/ex40120.html

質問した人からのコメント

2011/7/8 10:53:00

降参 ご回答ありがとうございました。
やはり、・・・てな感じの読後感になります。

利休の人物や他の秀吉をはじめ古田織部などのおもろい
人物が一人もいないのですもの。
茶道が主、登場人物が全て脇。
実作家はあれを楽しめるのですかね?

他の回答者さんもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tan********さん

2011/7/122:37:11

大分前に友達に借りて読んで以来なのでおぼろげな記憶なんだけど、印象に残ったところを一つ二つ。

天才芸術家と、その才能を感じ取れる天才(でも自分のセンスは凡人)がいて、感じ取れる天才が天才芸術家を愛しつつも憎むというストーリーは映画のアマデウスと一緒だなと。

政治的なところを抜きに純粋にそういう視点で秀吉と利休の関係を描いているのはとっても良かった。浜辺に散歩いくところなんか最高だった。

でも、この物語は「利休は何故切腹したのか」という歴史的な謎に対する作者の仮説になっていて、読み終わった後に「なるほど、これはあの姫への利休なりの弔い方だったのか。」と感動した。芸術家と切腹というのは死に方として全然合わない。でも、この物語だったら腑に落ちる。これを腑に落ちさせる物語って難しいと思うんだけどね。なので、この美しい仮説こそがこの小説の売りだと勝手に信じてる。(奥さん気の毒なんだけどね。形見を割るところなんか特に。)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる