ここから本文です

うつ病で障害年金の受給申請をするのですが、医師は無職でないと申請できないとい...

oom********さん

2011/7/201:58:57

うつ病で障害年金の受給申請をするのですが、医師は無職でないと申請できないといい、役所では逆のことをいいます。
どちらが正しいのでしょうか?

閲覧数:
4,182
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jyu********さん

2011/7/207:18:23

身体障害で障害基礎年金受給者です。
質問者様が初診日時点で国民年金加入者で、障害基礎年金を請求しようとしているのでしたら、医師が言っている事はほぼ正しいと言えます。
初診日時点で厚生年金に加入していて、障害厚生年金を請求するのでしたら、無職でなくても厚生年金に加入しない程度の労働なら障害厚生年金3級が受給できる可能性もあります。
>役所では逆のことをいいます。
これは良くわかりません。
働いていないと障害年金が受給できない。と言う事は全くありません。
ただ、国民年金の納付状況に未納が多く、初診日のある月の前前月までの1年間に、1カ月でも未納があると障害年金は請求できませんので、年金納付状況をご確認ください。
質問者様が日常生活を普通にこなし、健常者と変わらずに働いている場合でしたら障害年金は請求しても不支給になります。
精神障害の場合は、日常の生活の困窮度・障害によって労働が全くできないか制限を加える必要があるか等を総合的に判断して障害年金の支給が決定されます。
よく、最近は精神障害での審査が厳しくなっている。と言われますが、障害年金の知名度が上がり、軽度の障害でも障害年金を請求するため、不支給になる例が多いのだと聞きました。
どの種類の障害でも、障害年金の認定基準に該当する障害があれば障害年金を受給する事は可能です。
お大事になさってくださいね。

質問した人からのコメント

2011/7/2 23:17:04

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2011/7/206:25:14

働く事が困難で無いとダメです。審査で弾かれます。
誰からの支援も受けずに、働けるのなら、そもそも
年金の受給資格は無いのです。

働いていたとしても、作業所等の障害者専用の所
に限られるでしょう。

役所が可否を決めるのではなく、医師の診断書を
見て、審査機関の別の医師が判断をします。

shi********さん

2011/7/205:11:39

障害厚生年金の3級の障害の状態の基本は、「労働が著しい制限を受けるかまたは労働に制限を加えることを必要とする程度のもの」とされています。
これを簡単に言えば、労働は可能であるが、病気のない人と同じようには働けないという意味ですね。
うつ病で働きながら障害年金をもらっている人は多数います。医師の先生の勉強不足といえるでしょう。

ただし、うつ病で始めて医師の診療を受けた日に厚生年金に加入していなかった場合は、3級の障害厚生年金を請求することはできないので、2級からということになります。
2級になるには仕事に就けないほど症状が重くなければなりませんから、働いていると障害年金の受給は困難になる可能性はあります。

cen********さん

2011/7/202:08:05

どちらも正しいのではないでしょうか!

有職者の場合、単に減額支給されるだけの事でしょう。

したがって、障害年金よりも年収が上回れば障害年金は支給されない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる