ここから本文です

旋盤を使って円筒形の材料を四角形に加工する方法を教えてください。 ちなみに心...

e13********さん

2011/7/423:26:33

旋盤を使って円筒形の材料を四角形に加工する方法を教えてください。
ちなみに心だしの方法もお願いします。
材料は金属です。

閲覧数:
4,740
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gil********さん

2011/7/1106:06:06

e13_importantさん、おはようございます。


>旋盤を使って円筒形の材料を四角柱に加工する方法

様々な加工方法があると思いますので、
ここで小生が述べる方法は、これが一番だと云いませんが、
考える加工方法を具体的に説明します。

<例>▭50の正四角柱を作る方法
素材は、50×√2=70.71なので、最小でもφ70.71が必要です。
少し余裕を持って、素材径はφ80としましょう。
拠って、素材は、φ80×L55
四つ爪を使用します

加工順序
①―丸棒外径をチャッキングして、端面を切削(黒皮が取れればok)
*この加工だけは、三つ爪スクロールチャックでもOKです

②―①で削った面をチャッキングして、この面が縦送り軸と平行になるように芯出しする。ピックゲージ使用。

③―切削(削った面の幅が最小でも55mmになるまで)

④―①と③で削った面をチャッキングして、この2つの面をそれぞれ、縦送り軸と平行になるよう芯出しする。

⑤―切削(削った面の幅が最小でも55mmになるまで)

⑥―①で削った面をチャック側にして、③と⑤で削った面をチャッキングして、それぞれの面(③と⑤の面)を縦送り軸と平行になるよう芯出しする。

⑦―切削(面間長さを50mmにする)

⑧―⑤で削った面をチャック側にして、③と⑦で削った面をチャッキングして、それぞれ縦送り軸と平行になるよう芯出しする。

⑨―切削(面間長さを50mmにする)

⑩―③で削った面をチャック側にして、⑦と⑨で削った面をチャッキングして、それぞれ縦送り軸との平行を出す。

⑪―切削(面間長さを50mmにする)
これで、一辺の長さが50mmの正四角柱の完成です。

読んだだけでは、理解できないかもしれません。
実際加工するときは、削った面に番号を付ければ間違いが無いです。

ポイントは、
削った面(隣り合う2つの面)を利用して、それぞれの面と縦送り軸との平行をしっかり出すことです。
実際やってみると、2つの面のそれぞれを縦送り軸との平行をだすのは、思いのほか難しい作業です。
一方を出すと片方がずれる、という感じで、何回も同じ事の繰り返しです。
これさえクリアできれば、精密な正四角柱になります。


以上、ご参考まで。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kan********さん

2011/7/508:54:42

主軸に負担が掛かりますが四つ爪でチャキングして6面を削るしかないです。スピンドル式ダイヤルゲージで平行を出せば出来ます。

暴走庵さん

2011/7/423:37:38

旋盤でないといけないのですか?角ものに加工するなら、フライス盤のほうがよいと思います、旋盤は円筒切削に適したものですから。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる