ここから本文です

古文現代語訳

ポンポンさん

2011/7/506:30:09

古文現代語訳

紫式部日記 つごもりの夜 現代語訳です

つごもりの夜、追儺はいととく果てぬれば、歯黒めつけなど、はかなき繕ひどもすとて、打ち解けゐたるに、弁の内侍来て、物語してふしたまへり。
~朔日の装束はとらざりければ、さりげなもなくてあれど
裸姿は忘られず、恐ろしきものから、をかしうともいはず。


までです。よろしくお願いいたします。

閲覧数:
8,378
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/7/508:33:54

『紫式部日記』寛弘五年十二月三十日

大みそかの夜、鬼やらいの行事はたいそう早く終わったので、
お歯黒をつけたりなど、ちょっとお化粧なおしなどをしようとして、
くつろいでいると、弁の内内匠の蔵人侍がやってきて、おしゃべりをして、
おやすみになった。

内匠の蔵人(中宮の女房)は、長押の下座に座って、
あてき(召使の少女)が縫う仕立物の布地の重ね方や
褄の折込み方を教えたりなど、一心にやっていたところ、
中宮さまのいらっしゃるあたりで、ひどく騒ぐ声がする。
弁の内侍を起こしたが、すぐには起きない。誰かが泣き騒ぐ声が
聞こえるので、とても気味が悪く、茫然自失している。
「火事か」と思ったが、そうではない。

「内匠の君、さあさあ」と、(目を覚ました内匠の蔵人を)前におしたてて、
「ともかくも、中宮さまは下(自分の部屋)にいらっしゃいます、
まず参上して(中宮様のご無事を)お見届けしましょう」と、
弁の内侍を荒々しく突き起して、三人(紫式部、内匠の蔵人、内匠の蔵人)が
ぶるぶるふるえながら、足も地につかない様子で参上してみると、
裸の女が二人うずくまっている。

見ると靫負と小兵部(二人とも中宮の女房)であった。
こういうこと(引きはぎ、衣装泥棒)だったのかと思うにも、
(事情がわかると)ますます気味が悪い。

御厨子所(台所)の人々も、みな退出しており、中宮付きの侍も、
滝口(宮中警固の武士)も、鬼やらいがすむと、みな退出してしまった。
手をたたいて大声で呼んでも、返事をする人もいない。
御膳宿(食器類を納めておく所おものやどり)の老女を呼び出して、
「殿上の間にいる兵部の丞という蔵人(紫式部の弟の惟規)を、
呼んで、呼んで」と、恥も忘れて(普通、紫式部のような中級女房は、
このような身分の低い者に直接口をきくことはないが、緊急事態なので)
直接に言ったので、(老女は)探しに行ったが、退出してしまっていた。
このうえなくつらいことだった。


(やっと)式部の丞資業が参上して、あちこちの(灯明に)油を、ただ一人で
つぎ足してまわられる。女房たちの中には、茫然として、顔を見合わせて
すわりこんでいるものもある。帝から(中宮さまにお見舞の)お使いなどがあった。
とても恐ろしいことでした。

(中宮さまは、)納殿(宝物、衣装、調度などを納めている所)にあるご衣装を
取り出させて、この(衣装を盗まれた)人々にたまわった。
(泥棒は)元日用の晴着は盗らなかったので、(二人とも晴れ着を着て)
何事もなかったようにしているけれども、(私は)あの裸姿が忘れられず、
恐ろしく思う一方で、(おかしいような気もするが、二人が気の毒なので)
おかしいとも言わないでいる。

質問した人からのコメント

2011/7/5 21:43:38

成功 有難うございました。今後もよろしくお願いします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる