ここから本文です

大型魚の混泳水槽にエアレーションは必要ですか?

mzb********さん

2011/7/715:28:01

大型魚の混泳水槽にエアレーションは必要ですか?

今2000×750×600上部濾過+ドライタワーの水槽で水温28度、毎分120リットルの水量を水面2センチ程上から落としています。

水替えの頻度は1日おきに1/3替え、餌も1日おきでほぼカーニバル・キャット・鯉の餌で済ませております。

飼育魚

アジアアロワナ×2
シルバーアロワナ×2
スッポンモドキ×1
トロジャン×1
スポガー×2
ダトニオ×3
オスカー×2
アイスポットシクリッド×1
エンドリケリー×2
カラプロ×1
ナマズ×1

の計18匹でかなりの過密飼育です。

過密具合は上と同サイズの水槽をもう1本と1200×600×450オーバーフローが他に3本ありますので、魚の様子を見て小分けするのも可能ですが、今まで約1年半この1本で毎分40リットルのブロワポンプを3つに分配して飼育水槽・上部濾過槽・ドライタワーに分けてエアを送っております。

しかし、最近とあるブログでドライタワー(上部濾過の上に置くタイプ)や上部濾過槽(奥行き・高さ共に20cm程)にエアを送ってもろ剤の量が少ないことや、シャワーパイプから排水される時点で空気に触れていることから、あまり意味がないと書いてあり、飼育水槽へも落とし込みのパイプから水が落ちる時点で空気を取り入れているからエアレーションはさほど意味を持たない(もちろん害にはならないし、水温上昇や水面の油膜などには効果的)とありました。

水温や油膜は別として、このような過密飼育の場合でも酸素補給や二酸化炭素の排出という意味では、生態やバクテリアにとってあまり意味はないのでしょうか?

もしエアレーションしてもしなくても、上記理由の為にさほど効力がないのであればブロワを止めようかと考えております。

もし同じような状況の方や、エアレーションの重要性について詳しい方がいらっしゃいましたら、回答宜しくお願い致します。

閲覧数:
2,255
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tat********さん

2011/7/716:01:09

ドライタワーのブロアーは以下の効果があると思いますので、続けたほうが良いです。

1.蒸発熱による水温上昇の抑制。 ものすごく蒸発させることが出来ますので効果的だと思います。
2.アンモニアの発散。 アンモニア段階で水槽外に発散させることで、硝酸塩の蓄積が抑制されます。

ドライタワーがあればエアレーションは必要ないと思います。
ドライタワーだけに絞ってブロア(送風)するといいと思います。

2mくらいの高さのツインドライタワーにブロアをやっていたことがありますが、別途エアレーションは不要でした。

質問した人からのコメント

2011/7/12 08:14:59

降参 お二方ともご回答下さりありがとうございます。確かにポンプの停止も怖いですし、ドライタワーの役割も理解することができました。本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rankiti21さん

2011/7/716:06:13

エアレーションの重要性
上部フィルターの不意な可動停止・・・故障も含めますとエアレーションを使用しているだけで安心!魚たちの命を守ってくれますよ!
停電は回避できませんが!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる