ここから本文です

借地を第3者へ使用貸借にて転貸した場合でも、地主の承諾は必要なのでしょうか? ...

y38********さん

2011/7/816:17:35

借地を第3者へ使用貸借にて転貸した場合でも、地主の承諾は必要なのでしょうか?
民法、借地借家法に詳しいかた、回答をお願いできれば助かります。

閲覧数:
4,681
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yos********さん

2011/7/816:45:50

無断転貸しても、地主に解除権を認めない場合の判例と解釈があります。下記をご一読ください。



宅地・建物の賃借権の無断転貸につき、「賃借人が底地人の承諾なく第三者をして賃借物の使用収益を為さしめた場合においても、賃借人の当該行為が底地人に対する背信的行為と認めるに足らない特段の事情がある場合においては、第612条の解除権は発生しないものと解するを相当とする」と判示しています。

例えば、賃借人が変更しただけで、実質的な主体は変わっていない場合(個人名義から法人名義にした場合)、譲渡転貸の当事者が親族関係にあって営利性に欠ける場合(借地権者が建物とともに借地権を同居の孫に譲渡した場合)および転貸部分がわずかである場合においては、賃借人が無断で譲渡・転貸したときでも、底地人に対する信頼関係を破壊したものとは認められないとして、底地人の解除を認めません。


地主との信頼関係が論点となった判例ですが、特に問題がなければ承諾を得ておいた方がいいでしょうね。

質問した人からのコメント

2011/7/14 10:41:22

非常に参考になる回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nag********さん

2011/7/1009:16:41

そもそも借地権とは、建物所有を目的とする地上権または賃借権を言うのですから、建物を建てず、第3者に土地を貸せば、借地権とはならず、借地借家法が適用されません。

また、借地権というからには当然、建物利用で土地を借りたのでしょうから、建物利用しないのであれば目的違反で、契約解除の可能性があります。

借地の一部を使用貸借で転貸することも考えられますが、その場合でも、建物利用に必要でないこととなり、その部分の明け渡しを要求されるでしょう。借地権は建物利用に必要な範囲に及ぶだけですから。

dam********さん

2011/7/816:21:24

無償でも有償でも、貸主の承諾事項と思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる