ここから本文です

古武道って何歳くらいからやるのが普通ですか?

よっし~さん

2011/7/1022:54:30

古武道って何歳くらいからやるのが普通ですか?

僕は剣道を中学の時から部活で始め現在2段です。
今は高校生で剣道部ではないですが近くの剣道教室で定期的に稽古してます。

最近香取神道流や竹内流などに興味があり今はできなくても将来古武道をやりたいと思ってます。
剣道は何歳からでもできますが古武道ってふつう何歳からやるものですか?

閲覧数:
3,019
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gon********さん

編集あり2011/7/1110:54:00

実家が道場です、剣道、居合道、杖道、二天一流、その他古流剣術
剣道は少年が主流、他の武術は中学生以上が主流ですが、

過去には剣道を習いに来てついでに修練する、奇特な小学生も
数名いました、恐ろしく吸収の早い子供で、賞状稼ぎの異名を

持ったイヤミナ存在でしたが、当方にとってはかわいい門弟で
現在も交流があります、武術の修練は基本的には若いほど

GOODでしょう、刀剣の扱いも道場でしっかり教わります
精神的な修練は本来剣道が得意とされていますが、現状では

古流剣術のほうが厳しく教えられることが多いようです
現状は問うほうなりに記載します

① 修練は10歳以上若いほどGOOD
② 門弟は残念ながら高齢化が顕著
③ 月謝は剣道よりは高額 月10000程度は覚悟
④ 道場によっては非常に外国人が多い
⑤ 防具はありません、袋竹刀を使用します
結構痛いです 怪我はしませんけど
⑥ 杖道は上級者になれば、木刀、竹刀の直撃もあります
まじめに修練すればちゃんと避けられます
⑥ 護身術には非常に有効です
⑦ はまると、刀剣類や着付けにお金がかかります
どうしてもお洒落したくなるようです
⑧ 何故か皆スリムです メタボは少数です
⑨ 稽古帰りにお酒が多いです、おじさんが出してくれます
何故か古流剣術を嗜む、高齢者はお金持ちが多いです
⑩ 修行が進むと、他の流派も覗きたくなり、いっそう上昇します

こんなところです、古流専門に学ぶも良し、融合ハイブリット剣道を
目指すも良し、ただし、現代剣道とは少々ベクトルがずれていますので

ハイビリット剣士は稽古は強いけど試合は今一みたいな傾向があります
いずれにしても、真剣にやれば結構面白いですが、古流剣術には

試合が殆どありません、勝ち負けが明確ではないところがあります
当方は、それが好きではありません。試合の勝ち負けと、修練の

重さは比較できませんが、双方に重きを置く人は当初困惑する
かもしれません

ただし、試合が無い代わりに演舞会はあります、○○奉納演舞会
なんてのがいっぱいありますよ、剣道関係者ばかりでなく一般の

人たちに演舞をみせるのは、ある意味驚異的な緊張の中での
演舞ですので、非常に武術以外にも勉強になります、

人生の糧になること間違い無です、ちなみに父の道場は毎年
靖国神社での奉納演舞を開催しております、まじめに通えば

初心者でも演舞可能です。
詳細ご希望でしたら、埼玉県川口市 春風館 で引っ張れば

所在のみネットに出てきます、二天一流の演舞もチューブに出ています、
偏屈な館長が一生懸命教えてくれます

ただし、剣道場としてはお勧めしません、狭いし、個性強すぎです
ご参考まで


ご参考に

補足です、古流剣術の試合は殆どありませんが
居合道の試合はいっぱいあります
居合道の試合の中には古流居合を含めた試合が
高段者になると出てきます

たとえば 制定居合5本 古流居合 3本 合計8本で
試合を実施 こんな感じです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

leo********さん

編集あり2011/7/1607:41:21

旧幕時代、いわゆる江戸時代には、数え年齢六歳?の正月7日だか何かに、自分の父親を師範として武術の門を敲くという習慣があったとききます。その時点ではその父親の得意な種目を中心に据えて基礎体力と骨格を養い、長じてそれぞれの師範に師事しし、蘊奥を極めたと聞いています。

私は古流弓術の門人ですが、同門には騎射(いわゆる流鏑馬)を修練する者もいます。入門はかなり若いです。小学校高学年くらいから、希望して入門します。入門してすぐに弓は引きません。まずは、馬上での態勢を養うために、馬にも乗らず弓も引かず、体格と骨格づくりを行います。弓術は、弓だけを専門で幼いころから教えると、左右のろっ骨の位置が上下に歪むので良くないのですが(実際そういう例がありました)、騎射は準備運動の中に骨格・体格を養うカリキュラムを含んでいます。

若いことのメリットは、やはり習熟が速いということと、落馬することがあっても、体が柔らかいので多少の怪我にも耐えられ、大人に比べて治癒力が高いという点でしょうか。怪我は無いに越したことはありませんが、武術に多少の怪我は付き物です。またそうした事態に処する覚悟も養えます。

とりとめのない回答で恐縮ですが、小学校就学の頃からでも出来るものである、と考えています。なお、それには条件があって、そのこどもの体格や骨格、また正確を知ってより望ましい指導者のもとに入門する場合、と限定しておきたいと思います。

kaw********さん

2011/7/1101:44:43

とりあえず自分の知り合いで

柔術の方
自分…16歳(剣道は12から)
師範代…24くらい(その前に少林寺やってた)
師範…30以上
先輩A…20位
先輩B…10代後半?
宗家…20過ぎてから?武道暦は小学生位から

剣のほう
先代宗家…子供の時から
次期宗家…同上

早くにこしたことはないけど
(特に跳躍の多い流派や、乱捕りの有る流派は)
遅くても構わないと思う。
剣道の経験も有るだろうし、その年ならちょうど良いかと。
やっぱ前に大概激しいところでやってる人が多いです。
憧れや好きで入る人と、疑問で入る人の2パターンがありますね。
自分は剣道が大好きだけど何かおかしいと感じて古流に興味を持ちました。
何々が強い、とか表面だけ見て勘違いしているのでなければ何歳でも良いです。
時期が来れば始めよう、しようと思うはずです。

2011/7/1023:23:04

スポーツ系の武道を、一応やった後から、やる人が多いですネ
抜刀、居合等にでは真剣を用いますので、けがをしたり、刀とかの
管理もありますので、18歳以上が対処になるでしょうね。
模造刀でも良いのですが、緊張感とか色々感覚がことなり、妙な
癖がついても困るでしょう。

体術や棒術、捕縛術等については、年齢は問わないと思いますが、
古武道はやや入門年齢は高いです。

古武道の場合は精神性も思想哲学的な部分や表現がどうしても
古い言葉を使ったりするので、今から始めてもいいし、もう少し
時間がたってからでも良いと考えます。

結論として、古武道は少数派ですから、君の様な若者が入門
するとなると、どこの道場でも大歓迎されるとおもいますよ。

いずれにせよ自分に合った良い師匠に出会えるかが鍵となるでしょう。
段位は有るようで無いと言った方がよいかもしれません。
師匠が、貴方の修練に対して、段階に合わせて、伝えていく
技の難易度が異なりますので、師匠と弟子との関係次第となるでしょう。
以上

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる