ここから本文です

会社法: 取得条項付株式と全部取得条項付株式の意味がわかりません、、、

アバター

ID非公開さん

2011/7/1101:03:28

会社法: 取得条項付株式と全部取得条項付株式の意味がわかりません、、、

会社法: 取得条項付株式と全部取得条項付株式の意味がわかりません詳しい解説をお願いします。

閲覧数:
273
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ys8********さん

編集あり2011/7/1207:35:18

■■両方の共通点■■
・株主総会の「特別決議」で発行することを決める点
・株主の申し出で会社が株を買取る義務がある

→株を会社には買取らせるのが原則:禁止
(出資金の返金は会社体力を弱める為)



■両者の最大の違い■■
・取得条項付株式・・・・・・・・・・払戻しは他の株式・社債・新株予約券でもOK
・全部取得条項付株式・・・・・・・現金での払戻ししかダメ(倒産の可能性あるから)



■取得条項付株式・・・・・「株主が会社に買取請求できる機能がある株式」

・設立直後など、会社が資金難の時に緊急に「資金」を用意したいときに発行する株式



■全部取得条項付株式

[対象] 2種類以上の種類株式を発行している会社

[内容] その内1種類の株式を株主総会の特別決議で会社が全部取得出来る

→もともといる株式をゼロにするので「ゼロ原資」と言われる
(倒産するか?株主入換か?緊急事態に行使する)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる