ここから本文です

なぜロングアイアンでは、ボールを左足側に寄せておくのですか?

fuk********さん

2011/7/1115:37:30

なぜロングアイアンでは、ボールを左足側に寄せておくのですか?

単純に考えると、左足側に寄せれば寄せるほど、フェースが閉じた状態でインパクを迎えるじゃないですか。

SW~9Iは両足の中央においています。
78は1個左側に
56は2個左側に。

マルマンコンダクターFLEXSです。

でも、56で、2個も左側におくと、見た感じ、アドレスで既に閉じているように見え、
実際に打つと結構な割合で左にギュイーンします。
もっともこれはグリップがよくなかったようで、左手の親指の指紋中心がセンターラインよりも右側5mm程度にしたのが
悪かったようで、最近は指紋中心をセンターラインにするようにしました。でも左手谷線は右鎖骨にしていますが。

さて、少し話はそれてしまいましたが、なぜロングアイアンになればなるほど左足側に置く「必要」があるのですか?

以前、「ロングであればあるほど、フェースの閉じるタイミングが遅くなるから」って聞いたことがありますが、
それは、フェースの閉じるタイミングが遅くなっている「悪いスイング」をしているからではないですか?
それとも、本当に、「ロングであればあるほど、フェースの閉じるタイミングが遅くなる」ように設計されているのですか?

であるとしたら、なぜ、ロングであればあるほど、フェースが閉じるタイミンが遅くなるように設計されているのですか?

補足ボールの置く位置ってほんと人それぞれですよね。
左足からの相対的な位置は変えず、スタンス幅だけを変える人とか(これは結局同じことかも知れませんけど)。

僕の友達は、すごく特殊でアドレスでのヘッドの位置より左へ10cmくらいのところにいつもおいています。で、いつもダフって売っています。球はすごくあがりますが、僕は48で打つところ、彼は6Iで打っています・・勿論、僕は放っておいていますが。

閲覧数:
12,537
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2011/7/1312:51:23

クラブは正しいロフト角で置くとシャフトが飛球線方向に倒れています
これをプル角といいます(キャスター角ともいう)
このプル角は短い番手ほど大きく倒れています

また、短い番手ほどシャフトが短くなるのでライ角は立ちます

ライ角が立っているほど左に引っ掛けやすくなります
プル角は倒れているほどスライスしやすくなるのでライ角が立っている
短い番手ほどプル角を倒してバランスを取っているのです

グリップの位置をどの番手でも同じ位置でアドレスすると
ヘッドの位置は短い番手ほど、当然プル角の大きな分だけ右足よりへ移動します

その結果、番手が短くなるほどボールを右足より
(長い番手ほど左足より)に置くのです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pqs********さん

編集あり2011/7/1218:30:02

ドライバーは「アッパーブロー」にアイアンは「ダウンブロー」に打つとよく言われておりますが、これはスイングを変えて打つのでなく
ボールの位置を変える事による構えかたで自然と出来るそうです。

なぜドライバーがアッパブローでアイアンがダウンブローが必要かというと、ボールを正確に飛ばす確率が
高まるからだと言われおります。
ちなみにイメージとして、アッパーブローとは、スイングの最下点から上昇した時にインパクトを迎える事であり、ダウンブローとは
スイングの最下点の直前でインパクトを迎える状態を言われております。

ドライバーの機能を効率よくに発揮させるボールの位置は左足かかとの内側が一般的と思われます。
アイアンの機能を効率よく発揮させるボールの位置は番手によって変わってくるそうです。

*ショートアイアン(SW~8番位)の場合は体のセンター
*ミドルアイアン(7番~5番位)ショートアイアンよりボール1個分左
*ロングアイアン(4番~3番位)さらに1個分左(左足線上よりボール1個分右)
以上のイメージですが大事な事はグリップの位置はどのクラブでも左太ももの内側の前に置く事です。
グリップの位置が体のセンターにくるとご指摘された様にボールの位置を左側にずらすと
クラブがボールに対して閉じた状態になってしまうと思います。

前おきが長くなりましたがロングアイアンでのゴールの位置がなぜミドルアイアンに比べ前に置く必要が
あるのは、クラブの長さ及びロフトの角度からボールをセンターにした場合クラブをスムーズに振りぬく事が
難しい為だからです。つまりスイングがつまってしまうと言う事だそうです。
参考になればと思い書き込み致しました。

suk********さん

2011/7/1208:01:04

左足よりといってもMAXは両足の真ん中あたりです。
アイアンをアッパーで打つとダフリます。
飛距離もでません。

cas********さん

2011/7/1117:04:06

全てのアイアンを机の上に乗せて、ヘッドのみを机から出すように並べると、ショートアイアン程、フェイスが上を向くようになり、ロングアイアンはほぼ垂直と同じになるかと思います。この差が、ショートアイアンと比べロングアイアンのフェイスが返りヅライと言われているのではないかと思いますが、ボールの置く位置を変更する程ではないかと思います。

och********さん

2011/7/1116:00:34

ボール位置は体型・骨格・スイングタイプなどによって人により異なる部分と考えられます。例えば最近逸っている4スタンス理論ではB2タイプの方は左寄りになる傾向があったり、利き目などによってもボール位置は影響が出ます。

ただ不変なのはスイングの最下点を基準に地面から打つクラブはその少し手前(右足寄り)でティーアップする場合は最下点を過ぎてから(左足寄り)になるということです。それを基本に球を上げたり転がしたりでさらに微調整に入るといった感じですね。

tak********さん

2011/7/1115:54:59

というか、なぜ左に置いてるんですか? あなたは。
全部中央でいいじゃん。

私は、自分で打ちやすいところに置いています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる