ここから本文です

口約束で家賃を下げてもらったが、契約書の金額を払うようにいわれた。 知り合...

unbarawkwkさん

2011/7/1419:31:31

口約束で家賃を下げてもらったが、契約書の金額を払うようにいわれた。

知り合いの話ですが、知恵をお借りしたいです。

知り合いは借家を借りています。
大家だった方がなくなり、遠方に住む息子さんが大家となりました。
以前の大家さんには母子家庭で大変だろうと口約束で家賃を一万ほど下げてもらったらしいのですが、息子さんが大家になり初めての家賃入金の際に、契約書の家賃と違う。全額払って欲しいと言われたそうです。
今までの入金した通帳をコピーして見せ、その上で事情を話したのですが、取り入ってもらえないそうです。
やはり、契約書の金額を支払わなければなりませんか?

補足以前は関係が良かったようですが、滞納をするようになり大家さんからは出ていって欲しいと言われていたようです。
多分、息子さんもその事実を知っていた為に、今回の家賃の事を言ってきているようです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
304
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2011/7/1917:10:48

<補足について>

家賃の未納があるという事であれば、それは契約内容云々の問題ではないですよね?
何ヶ月の未納があるかはわかりませんが、それはもう大家との信頼関係の話です。
まずは家賃の未納を無くす方法を考えるべきかと思います。
知り合いの話とは言え、もう少し詳細についてを質問内容に書いておくべきかと思いますが・・・。
とにかく大家との話し合いを重ねるよう、アドバイスしてあげてください。


ビルオーナーをしております。

本来契約行為というのは、別に契約書が無くても双方の合意さえあれば、それは有効と認められます。
契約書記載の金額よりも1万円低い金額で入金された事実があり、その事を大家側が認めていたのであれば、本来それは有効とされます。その金額で入金されていた期間は年単位ですかね?それであれば大家は認めたと言わざるを得ないでしょうね。
(息子が相続しても契約内容は引き継がれますので)

ただ、上記は原則論ですので、裁判をすれば恐らく認められるであろう、というだけの事です。
話し合いで上記についてを再度主張してみてはいかがでしょうか?
それでも無理なのであれば、弁護士に相談するしかないでしょうね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yosinari0523さん

リクエストマッチ

編集あり2011/7/1917:01:41

あなたの知人は人柄が良い人で、亡くなられた大家さんとは懇意にされておられたと推察されます。契約書から1万円も下げてくれる大家さんはめったにいません。しかし、その良心的な大家さんは、もうこの世にはいないのです。「死人に口なし。」と言う言葉があります。代替わりした大家に誰も過去の経緯は伝えてくれません。新しい大家は過去を知らず、残された書面だけを見て正当性を主張しているのでしょう。

知人にあなたから言ってあげて下さい。「今は、契約書通りに支払う必要がありますよ。日本は契約社会ですから。でも新しい大家にも誠意を以って接すると、また1万円下げてくれるかも知れないよ。亡くなった大家と口約束をしても、新しい大家にはわからないから。」

あなたの知人への説得に期待致します。

(補足について)家賃の滞納は借家権の消滅につながります。母子家庭の方ですので、市営住宅・県営住宅・府営住宅等に転居されるように、あなたから奨めてあげて下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。